読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

おし!相撲でもとるか!

ヘルメット越しの景色 老熊通常運転です

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村

 

早朝、嵐のような大雨が降ったせいで仕事が突然キャンセルになり
昼まで寝ていた老熊。
かなり退屈だったのかお昼ごはんを食べ終わると突然
「おし!そろそろ相撲でもとるか!」といきなりスクッと立ち上がったので全く意味が分りません。
「車泊行きたいなぁ~。バイク乗る?どこ行きたい?」そう言いながらいつも通り謎の攻撃発動。
背骨の辺りを押してみたり、くるぶし等比較的肉付きの少ない場所を狙ってグリグリ攻撃をしてくるのが老熊のやり方です。
1日~6日まで車中泊をして留守だった為kuma-yome的には掃除をしたいんですが老熊が居ると掃除ができないのが嫌なので行くのなら一人で行って欲しいというのが本音なんですけどね。

「行きたくない!」と何度主張しても完全スルー「どこ行きたい?」そればかり言う老熊。いつになったら一人で行くと言い出すのかと思って居たのに中々言いだしません。
やっと「一人で行くで?」と言ってくれたので行くように勧めたのですが、それでも

一人では行きません。

後ろに一人乗せて走るよりも自分一人で乗ってる方が楽で良いと思うんですけどねぇ。
今日は電気機関車が設置してあるパン屋さんへ行ってパンを買って針テラスで食べるプランだそうで普段パンを買ってもらえないパン好きなkuma-yomeとしては心が動きます。(老熊はカレーパンかあんぱん程度しか食べません)
外は寒そうなのでクローゼットの奥になおしてあったNANKAIのズボンを取り出しました。
まだまだ冬本番というわけでは無いので今日はこのズボンの下に七分丈のスポーツパン
ツをはいて上衣は薄手のトレーナー+少し中綿の入ったウィンドブレーカー+皮ジャンです。

f:id:kuma-yome:20161009225013j:plain

「軽くツーしよう!」そういうっても都道府県を2,3超えて走るのが老熊なので、予定が決まっているのは気分的にとっても楽で安心です。
予定は最低一か月前までに決めて欲しいぎりぎりでも1,2週間前までに決めて欲いんですけどねぇ。

f:id:kuma-yome:20161009224120j:plain

京都に入ると草がとっても大量に干してありました。
反対側ばかりを見ていたので全く気が付いていなかったんですが、老熊がわざわざバイクを安全な場所に止めて撮影させてくれたので撮ることができました。
こんなに長いのは初めてで
(もしこれを端から端まで走ったらどんだけ疲れるんだろうなぁ)
と感心して見ていましたが、木津川市に入って直ぐの場所にあった田んぼには5列に分けて干してあってもっと多くてびっくりしました。

f:id:kuma-yome:20161009231449j:plain

ようやくお店に着いたと思ったら、びっくりしました。まさかの休業日です。
老熊の思いつきでレジャー等に出かけるとかなりの高確率で休業か改装にあたってしまうのですが、まさか今日もそれにあたってしまうとは思ってもみませんでした。
(休業日の無さそうな引き揚げ記念館ですら改装休業にあたった事があります。)

f:id:kuma-yome:20161009231512j:plain

シートの間からチラッとこちらを見るような恰好の電気機関車が、ちょっとかわいいと思うのはkuma-yomeだけでしょうか?
以前LINEニュースで紹介されていたのがこの店を知ったきっかけなのですが、老熊が珍しくkuma-yomeの行きたい場所にはりきって連れて行ってくれた数少ない場所でした。
ただたんに老熊が国鉄色の電車や機関車が好きだというだけみたいですが。

f:id:kuma-yome:20161009231532j:plain

横からはJRの文字と車体が見えるので車体のメンテというよりは店内の改装という感じなのでしょうか?
店の前や横をじろじろ見ていたのですが残念ながら話を聞けそうな場所に人が居なかったため詳細は分かりません。
いつまでお休みなのかの張り紙も見当たらなかったので地元ファンの人の書き込みを待つしか情報は入らないのかも知れませんね。

老熊も好きな機関車間近に見れないのが残念だったのか色んな角度で写真を撮りまくっていましたが、この後どこに行くのか全く言わないままバイクに乗るように言われて出発です。

f:id:kuma-yome:20161009233038j:plain

  飾り気の無い鉄っぽい感じの橋を渡ってどんどんバイクは進みます。

f:id:kuma-yome:20161009233343j:plain

これは伊右衛門のCMで良く聞く福寿園?!喜んでるkuma-yomeに冷めた態度の老熊。
老熊の方がどちらかというとテレビを見ているんですけど、CMになるとチャンネルを
変える為さっぱり分からないようです。

f:id:kuma-yome:20161009233931j:plain

さっきの橋とはうって変わって派手派手な感じの真っ赤な橋。
この辺りは川が多いのか橋と橋の距離が短く感じますね。

f:id:kuma-yome:20161009234303j:plain

日曜日なのに凄いテントの数ですね。
ここに来る途中で道路脇に停車していた2台のバイクも向かっています。
老熊によるとここは安価で人気のキャンプ場らしいのですが、川近くのキャンプ場と
いえば玄倉川水難事故や神奈川県の山北キャンプ場を思い出してしまうのkuma-yome的にはちょっと怖いです。

f:id:kuma-yome:20161009235453j:plain

どんどん進むと狭い住宅街に侵入してしまいました。ナビは車にしか付けてないので
老熊のカンと記憶だけが頼りなのですが流石の老熊も自信が無かったようで不安気な言葉がもれましたが前からツーリングっぽいバイクがやって来たので
「前からバイク来たから多分大丈夫ちゃう?」

と後ろで乗ってるだけのkuma-yomeは気楽に答えてしまいました。

祭りの道具のような物を数人がかりで引っ張っているのが前から来たのが見えて各家の玄関先では住民の方々が集まっている様子が見えました。
なんだか通るのが申し訳なく感じてしまいます。

f:id:kuma-yome:20161010000237j:plain

富山のバイクミーティングの行き帰りで草を干した光景を生まれて初めて見たのですが
この季節田んぼのある地域では至る所で見られるんですね。
こういう干し方を見るまでは田んぼでしか干さないと思っていたのですが、家の前に干したりもするんだと知りびっくりしました。

f:id:kuma-yome:20161010001741j:plain

ようやく見慣れた光景が目の前に見えて来ました。

前回来た時は針テラスのすぐ横の道路で父子のタンデムが逆走しているのが見えて
道の駅に居たライダーさん達が心配そうに見ていたのが昨日の事のように思い出されます。

f:id:kuma-yome:20161010002610j:plain

今日は時間が遅いせいかいつもよりバイクの数が少ないですね。
それでもバイクの間を散策しているお爺さんや交流を深めている様子のライダーさんがいました。

いよいよ針テラスを出るという時一時停止をしていたらやっぱり今日も逆走するバイクを2台発見。
出口専用のゲートには大きな文字で’’出口専用入口は手前’’の文字があるし入口にも同じように‘’入口専用’’の文字があるんですけどねぇ。
針テラス周辺の走行は難しいのでしょうか?巻き込まれないように祈るばかりです。

f:id:kuma-yome:20161010002944j:plain

高峰SAに近づくと綺麗な夕日が見えて来ました。
老熊はきっと写真を撮りたがるだろうな。と思っていたらやっぱりSAに立ち寄って
写真を撮り始めていました。

本当に綺麗な夕日で思わず撮りたくなるのも分かります。

f:id:kuma-yome:20161010003932j:plain

いつの間にやら奈良に到着。
この後308号線に行くのですが、奈良にもお店がたくさんある道路がある事に驚きました。
ネットニュースやテレビのニュースによると奈良の人って買い物も仕事もわざわざ大阪まで来ているとやっていたので殆どお店が無いのかと思っていたのでびっくりです。
老熊は「308号線や!くらがり峠やな!」と嬉しそうです。
今度はどんなとこへ連れて行かれるのかますます心配なkuma‐yomeです。