読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

カールおった

良かったらぽちっとお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

kuma‐yome大の犬が苦手なので散歩させてる人がいると超警戒します。

今住んでいる場所はマナーの良い方ばかりで通り難そうにしていると道の隅に寄せてくれて、それでも通り難そうにしていると飼い主さんが両足でブロックしてくれます。

夜は光るキーホルダーを犬に付けててくれるので最初はビックリしましたが、今は安全に道が歩けます。

昨日は何気なく散歩がてらに車中泊用車の様子を見に行ったら

 

2匹も一人で散歩させてる人がいてマナーは良かったのですが緊張の一瞬でした。

老熊に車の状況(窓が開きっぱなしで野焼きの煙が入っていた)と犬の事を報告したら突っ込まれました。

kuma‐yome「カールがおった。カール。」

老熊「カールおじさん?」

kuma‐yome「ちゃう名犬カール」

年配の方はこの会話で違和感を持たれたかと思いますが、kuma‐yome実は警察犬カールを名犬カールだと思っていて、おまけにカールは名犬ラッシーの犬種だと思い込んでいたんですよねぇ。

どちらも見た事が無いので何故その名前を知っているのかは謎なのですが、間違って覚えていたようです。

老熊は「別物で名犬カールってあるんか?」

と悩んでいましたが、木之内みどりは可愛かったなと懐かしんでおりました。

ググってみると名犬カールでめちゃくちゃhitしますが、クリックすると昔あった名犬カールの役者さんは誰ですか?テーマ曲等知りたいです。とあります。そして回答者さんに警察犬カールと訂正されている書き込みが多数。みんな間違って覚えているんですね。

 

kuma‐yomeは小さな頃から散歩中や放し飼いの犬に襲われ続けたので犬が全部苦手です。

現物の犬を見てかわいいとかあまり思えませんね。写真や動画なら落ち着いて見れますが。

子供の頃、一軒家街を歩いていたら、小型犬がいきなり足をかんできて、分厚いスニーカーのかかとを破って、くるぶしの後ろに小さく牙の痕がつきましたが、足を引っ張っても中々放してくれず、一緒にいた人が何度も蹴飛ばしてようやく放してくれた事がありました。その時の飼い主は「予防接種はしてますから。」と謝罪無し。

次に起きた恐怖体験は、数人で歩いていた時(人間でいうと20年ちょっと生きている)犬と一瞬目があっただけなのに、突然飛びかかっられて怖さのあまり叫んでしゃがみこんだ時、飼い主が「普段殆んど歩けへんのに飛べるんやな。」と笑っていました。

またもや謝罪無し。こちらが気が付いていなくても死角から吠えられたり、噛みつこうとするので暴走車なみの警戒レベルです。

大人しい犬はウロウロするだけだったり、見つめてくるだけなので両手を軽く上げて監視しながら近寄られたままにしますが。

犬は凶器以外の何物でもないというのが今までの経験です。

 

思えば生まれて初めて見た犬に恐怖を覚えたのが犬に襲われるキッカケになったのかも知れませんね。老熊によると犬は自分より弱いものに襲いかかるらしいですから。

通学路の歩道に巨大なモップ犬(ググったらアフガンハウンドという犬のようです。)が柵なしで放置してあり、歩道の3分の2のスペースを占領していて、ガンミしてきました。じ〜っと見てくるだけなのですがあまりの怖さに、車道の一番外側を警戒しながら登校した記憶があります。ある日の夕方飼い主が巨大犬に近寄った所、170cm後半くらいの身長の男性にむかって軽くステップ?踏んだかと思うと両肩に前足を乗せてなついていたので、恐怖がMaxになって2度と通りませんでした。

なのでkuma‐yomeは老熊と違って犬が来ても可愛くないし、もし怪我をした犬がいても近寄ると怖いのでそのままにして去ると思います。

犬好きのみなさん子供の傍を通るときは、充分に気をつけてあげてくださいね。

中には復讐に燃えて人気の無い時に蹴ったりする人もいるそうですから。