読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

不審人物?!

良かったらぽちっとお願いします。 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は夕方から散歩がてらミニバンのお掃除へ。
田舎道はとっても狭く通れる道が限られる為自宅とは離れた場所に駐車。自転車だと道幅が狭い上に堀?!みたいな深い溝が至る所にあって怖いので歩いて行きます。駐車場までの道が平地で良かったと心から思うkuma-yomeです。

お米を刈った後ってどれくらい放ったらかしにするんでしょうか??
刈り取った所から新芽??っぽい物が出ているのでとっても気になります。
f:id:kuma-yome:20161118190652j:image

農地の周りをぐるっと囲むように生えている黄色い花。
とっても気になるので色んな角度から撮ってみたのですが、地元の人達は超スルーしてます。ひょっとしてこれも雑草なのかも?!


f:id:kuma-yome:20161118190659j:image

老熊によると他の農地脇に生えている花はコスモスというらしいのですが、色んな地域の農地脇には綺麗な花が結構生えているのでてっきり全部植えているのかと思ってたのに、雑草も混じっていたとは驚きです。

 


f:id:kuma-yome:20161118204400j:image
車のお掃除にはこれを使います。
月極駐車場には水道とか無いですしねぇ。自宅から近いので、湯沸かし器のお湯を入れたこのペットボトルをスーパーの袋で持ち歩いても温かいままでした。


今日の目的である泥団子風の汚れにもその他の汚れにもじゃばじゃばかけて運転席に放置されていた「車内つやだしクリーナーシート」を見つけたので、ライトやフロントガラスを一度雑巾+マイペットで拭いた後に乾燥しきった「車内つやだしクリーナーシート」で乾拭き。

夕方だったので犬の散歩をしてる人が結構多くって、ペットボトルで車体にじゃばじゃば水をかけている姿を不思議そうに見ながらお年寄りや子供連れの地元人が通り過ぎます。ここで通報されたらどうしようかと超ドキドキしながらお湯かけ。
フロントガラスって拭きむらがあるとめちゃくちゃ見え難いらしいですよねぇ。雑巾+乾いたクリーナーシートで綺麗になってくれると良いのですが、とりあえずマイペットは窓ガラスとライトの部分だけ拭きます。
f:id:kuma-yome:20161118190707j:image

このお湯をかけた場所に謎?!の手形があったのですが、気持ち悪いのでお湯をかけてから拭き取ります。
スライドドアの下の方は車体が埃で白く濁っていた為、子供のいたずらか指で何かを書いたような跡があったのですが、この場所は助手席のドア上部なので子供には手が届かないんですよねぇ。
kuma-yomeは乗り降りの際、両手で助手席上部にある手すりを持っているのでうっかり触ってしまう事もありません。まるでスライドドア側から真横に三本の指で撫でたような跡。指に見える何かの跡って訳でもなく、ちゃんと関節の数も足りていたので驚きました。
ちょうどkuma-yomeの顔の位置と同じなので立った状態で触ろうとするとめちゃくちゃ不自然な体制になるんですよねぇ。
f:id:kuma-yome:20161118190713j:image

車用の洗剤等は持っていないというか自宅にあるのかすら分からないので、

洗車台も無いし車が大きいので、車の側面は背伸びをしなくっても一番上まで届くんですが、前はムーミン顔なので殆ど届きません。
フロントガラスとか拭いておいた方が良いのかな?!とか思うんですけどねぇ。洗車台があったとしても拭いている最中に「おっとっとと。」って感じでボンネットにエルボーをかましたら殺されそうだし。

昔と違ってサイドミラーも折り畳みなので無免許のkuma-yomeはそぉっと手を伸ばして届く範囲しか拭く事ができません。鍵は持ってるので忘れ物を持ち出したり、閉め忘れてた横の窓を閉めたりはできるんですけどサンルーフの閉め忘れやバックミラー操作なんて全くできません。

以前何となく散歩がてらに様子を見に行ったら何度か雨が降った後なのに、サイドの窓が開いていた事があって直ぐ目の前で野焼きもされていたので車の中が煙臭くなっていた事がありまして。
これがサンルーフだったらどうする事もできずに放置して帰るとこでした。
エンジンかけなくっても鍵があれば窓の開閉ってできるらしいんですが、無免許の超怖がりなkuma-yomeは運転席に侵入するだけでも心臓バクバク物です。

 

運転席から助手席や後部座席に移動をごくまれに言われたりしたのですが、その時はめちゃくちゃ怒られながら移動して心の中では「のぉおおおおお」って感じでした。

今の子達と違ってkuma-yomeの子供の頃は神経質な父のせいで後部座席で横を向く事も話をする事も許されず、両手を膝においてじっと前を見るしかできず、両親が車外へ出た時も体をゆったりとさせて座る事は許されても話したり騒いだりする事は絶対に許されませんでした。

今の子達って信号待ちだけで無く走行中でさえ車が激しく揺れるくらい飛び跳ねても怒られないし助手席で座ってる時なんかダッシュボードに足を上げていても叱られ無いんですから時代でしょうかねぇ。

うちの子は生まれた時から地下鉄やバスでの移動だったので、全員座っている時は両手を膝の上において行儀よく座っていたので、厳しくし過ぎたのかな?と少し反省もしますが、イマドキの公共の場で走り回ってぶつかっても睨みを聞かせてる子供なんてkuma-yome自身許せないしと良かったのか悪かったのか悩む日々です。