読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

日本の名城99の謎

本棚の奥から

 良かったら押してやって下さい。


にほんブログ村

ちょっと年齢がバレそうなのですが、実家近近くの本屋さんは小学生向けの本が多く売ってまして。その中でもスペースを大幅に取っていたのが「大百科シリーズ」小学生の手にしっくりくる程度の大きさでちょっと分厚い感じの本だったんですが、その本に載ってた記事は今でもいくつか覚えてて、色んな人に「こんなんが本に載っててん」と言っても誰も信じてはくれませんでしたね。

最近はブロガーさんも随分と増えて郷土史的な事をUPしてくれたりもするので、以前はググっても出て来なかった思い出の記事がここ3,4年でヒットしてくれるので「嘘つきちゃうねん」と当時信じてくれなかった人達に心の中でつぶやいてます。

 


f:id:kuma-yome:20161123000848j:image

最近は本当に本屋さんが少なくなりましたね。
地元市を出てからはマトモな本屋さんに中々出会わなくなり(スーパーやホームセンターの本コーナー程度)去年住んでいた移住失敗地域では本を売ってる場所自体殆どありませんでしたし。

今住んでいる場所は本を読む人が多いみたいで、電車の中で読書をしたりノートを広げて勉強したりしている人を良く見かけるので本屋さんも健在です。
やっぱり本コーナーとかじゃあなくって町の本屋さんか宮脇書店が好きです。ショッピングモールの中だったりスーパーの本屋さんってありきたりの本しか無いので全く触手が動きません。

以前住んでいた所に宮脇書店があったのですが、一回行くと1万円くらい使ってしまうので、毎月1回に決めてました。

そんな本屋さんのない現状の救い主?!はSAやコンビニの本コーナーです。
意外と面白いのが置いてあって暇つぶしには持って来いの本がお手頃価格で置いてあるんで用事が無くってもフラッと寄ってしまう事があります。

この「日本の名城99の謎」は平成26年にコンビニで買ったのですが、当時流行っていた「歴女」ブームに乗って出されたんだと思うのですが、kuma-yome的には子供の頃近所の本屋さんで買った「〇〇大百科」を思い出して結構懐かしいくって気に入ってます。

老熊は「重伝建」や「現存天守閣」が好きなお爺ちゃんで「建築美を見に行く」んだそうですが、kuma-yomeはこういった本で予め予習をしておいて歴史的背景や伝説を思いながらその場所を歩くのが好きです。元々歴史好きなのと建築美を語れるほど詳しくないってのが本音なんですけどね。男性って何故か建築美を見る為にお城が見たいって人が多いような気がします。

最近はパートナーの趣味に合わせない方が多いらしく「一緒に」と言われても拒否する方が多いらしいのですが、角度を変えれば興味が無いと思っていた相手の趣味にノリノリで合わせられるかもしれませんね。

本ってそういうキッカケを作ってくれる大切なツールでもあって、学歴に関係無く知識を蓄えさせてくれる貴重な情報源でもあるのでこういう裏話的な物でも良いから毎月のように何かの本に触れていたいですね。

捕獲されたばかりの頃老熊に「どっか行きたい所あるか?!」と聞かれる度に「血の色桜のお城に行きたい」「九州の地震で一瞬にして海に消えた島のあった場所が見たい」「壁に囲まれた森が見たい」「穴に石を投げ入れたらトンカラリンって音がする場所に行きたい」等一般人からすると「なんじゃそりゃ。」的な場所ばかりリクエストしてしまいます。

老熊は大学卒だし交流関係も広いので知識が豊富というか色々詳しいのですが、kuma-yomeのリクエストする場所は殆ど知りませんでした。最近になってやっとググってHitしてくれるようになったので、サイトに書かれている住所を見せると知ってる場所だったりするんですけどねぇ。

この本を読んでから「彦根城」へ行きひこにゃんがただの可愛いダケのゆるきゃらじゃあないという事が分かり「何か御利益あるかな?!」的な感じでワクワクして会いに行ったりしました。

でも近くまで行ったのにまだ連れて行って貰っていない場所が「備中松山城」この本によると猿にのっとられた城らしいので、破壊が進まないうちに見に行きたいのですが、老熊によると「山城」らしいのでマジ登山しないといけないんだそうです。

平地仕様車のkuma-yomeには無理な場所過ぎます。岡山って何度も行ってるんですけどねぇ。

この本を買って一番びっくりしたのは「鳥取城」と「七尾城」の負けた理由。そんな逆漫画のネタみたいな理由で負けちゃうお城があるって事が信じられませんでした。お城が負けるって事は多くの家臣やその家族等の生活や命がかかっているのにそんな理由あり?!みたいな。

逆に「やるやん!」って思ったのは千早城なんですが、kuma-yome子供の頃に千早赤阪村だったと思うんですが、お城のすぐ横にジェットコースターが写っている写真を見た事があって一度老熊にいったのですが、のお城は偽物だそうです。

真剣に「お城の横にジェットコースターって何すんねん!」って思ってたんですけどねぇ。

共通点の全く無さそうな相手とも話が弾むかもしれない豆知識系本は色々と楽しいでね。