読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

土砂降りダッシュで紅茶のお届け

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

昨日は出かける直前に悪天候になって、帰る時間には風邪をひくんじゃあないかと思う位土砂降りで店から車までの距離でさえずぶ濡れになる状況だったのに今日は快晴です。本当に山の天気は変わり易いですね。

普段は自転車異動なので老熊と一緒じゃあなかったら大変な事になっていました。
天気の変わり易い山地域に住んでいると車ってお出かけに不便かどうかだけでなくこういう時に役立ますね。

 
f:id:kuma-yome:20161205150616j:image

kuma-yome小遣いがあった時は毎月紅茶を1,2袋買っていたので常に10種類ちょっと常備していましたが、今はお小遣いが無いので老熊の気が向いた時にしか買って貰えません。
なので最近は節約モードで来客時か朝ご飯時にしか飲んでいなかったのですが、数日前に買って貰えたので家を出る老熊に持って行って貰おうと自宅に立ち寄る度に紅茶を淹れて空きペットボトルで持って行って貰ってたんですが、昨日は土砂降りで慌てて戻ろうとした為持たずに家を出てしまいました。

駐車場まで距離があるし車でもう一度目の前を通るのは分かっていたので、急いでペットボトルを持って家を出ました。
LINE通話で呼び出したものの中々出ないので「もしかしてもう車に乗り込んだ?!」と思っていたら数m先に傘をさして歩く老熊の姿を発見。

声をかけるも全く声が届きません。
kuma-yome晴れてる昼間でも階段が苦手で時々ラスト1,2段を踏み外してしまいますが、雨の中気持ちはめちゃくちゃ焦っているのに手すりを持って足元と前を交互に見ながら「やっと階段を降り切った」と安心したのも束の間。

夕方の帰宅ラッシュの為道がめちゃくちゃ混んでます。
駐車場に入ろうとバックする車やお迎え車等止まってるのも動いてるのも合わせてぐちゃぐちゃなので免許の無いkuma-yomeは「どっちに動いたら邪魔にならないか」というのが全く分からず、普段は道行く車を全部先に行かせているのに「紅茶が間に合わなかったら。」と思って焦ってしまい車のすぐ前を突っ切ってしまいました。

駐車場まで来て「やった追いついた。」と思ったら見た事の無い車が目の前に止まっています。別の車が先に駐車場から出て来てたんですね。
その車に真正面から突っ込みかけて慌てて左側から後ろをのぞくと老熊が立っていました。

ちょっと驚いていたようでしたが、心臓を押さえながら差し出すお茶のペットボトルを見ると納得してくれました。

渡した後は濡れるのも気にせずゆっくりと歩いて自宅まで帰りました。
雨の日の外階段で以前、1フロア分落ちて腰を打った事があったので帰りは慎重になります。

老熊に渡した紅茶ってノンフレーバードな紅茶でkuma-yomeが飲める珍しい種類なんですが、去年買った時老熊がミルクティーにして飲んだ時「美味しいな」と言っていた物なので日帰りではない仕事等の時には持って行って貰いたいんですよね。

だって朝ご飯って牛乳出される所が多いイメージなので、その牛乳を使えば朝から優雅にミルクティーができますからね。

日帰りの仕事の時は「荷物になるから要らん。」と言われる事が多いので状況を聞いてから用意するようにしています。たかがペットボトル1本ですが、その1本がとてつもなく邪魔になったり「荷物多いのにこれ以上増えてどないすんねん。」状態になったりしますしね。

一度サーモスのフタをしっかり閉め切れて無くって出張の朝にお茶がこぼれた事があって危うく仕事道具がびしょびしょになる所だったりもしましたし、良かれと思ってやった事のせいで仕事道具が濡れてしまったらその後の仕事にも影響がでてしまいますしね。

ペットボトルのフタなら9割くらいの確立でキチンとフタを閉めれてるし、車移動の時に持って行って貰ってるので車まで我慢して持って貰って後はドリンクホルダーに入れれば安全ですからね。

最初は「仕事先でコーヒー出される事が多いから家ではあんまりコーヒー飲まん。」という理由だけで紅茶を飲んでいただけという老熊でしたが、フレーバードティーを出して以来少し楽しみにしてくれているようです。

捕獲されてからは緑茶も時々「栗の香り」だったり「柚子の香り」だったり「梅の香」だったりするのを出しているのであまり飽きないみたいですね