読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

道の駅河野へ向かう道中

車中泊移動

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

虹が見えなくなってしばらく行くと海が見えて来ました。
f:id:kuma-yome:20161214234901j:image

めちゃくちゃ波が激しく見えます。

kuma‐yomeは内海を見て育ったので「波」というのを殆んど知りません。南港や築港が波立ってるなんてイメージ無いので多分波は来ないんじゃあないですかね。


f:id:kuma-yome:20161214235015j:image

先へ進めば進むほど波が激しくなってるんですが、老熊に波の話をすると「サーファーは居らんのか。」と言われてしまいました。サーフィンって夏のイメージがあるんですが、こんな真冬の肺が痛くなる程の寒さの中する人っているんでしょうか?!


f:id:kuma-yome:20161214235032j:image

漁船?!と思われる船も遠くに見えましたが、やっぱりサーファーはいませんでしたね。

道の駅河野の近くは確か「廃村」について書かれてた本に乗っていた場所があったので、そんなに雪深い場所の真冬に海に入ったら死んじゃいそうに生らないのか心配です。

kuma‐yomeはTシャツの上にトレーナー、その上にダウンベストを着て登山用のダウンを着ています。ズボンは普通のズボンの上からビニール製の物をはいて、モコモコ靴下に10cm程度の水に入れるトレッキングシューズで寒さ対策はバッチリなんですが、安曇川の人も道の駅河野の人もペラペラの上着に薄いセーターしか着ていないのに元気に走り回っています。

ちょっとお互い別次元の人ですよね。地元の人から見たらkuma‐yomeの姿はどう写っているんでしょうか?