野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

夜のツーリング~神戸方面~その1出発(8月19日)

突然の思い付きでツーリングへ行くという事は良くある事で、この日も突然言われたので行ってきました。

f:id:kuma-yome:20171204212802j:plain

家を出て少しするともう辺りは真っ暗になってしまっていたので、やっぱりこの辺りは夜景しか撮れません。
車中泊の行き来の時も何故だかここは夜間に通る事になってしまうので、androidの撮影可能時間を過ぎていて、どうしてもブレブレになってしまって残念感がたまりません。

f:id:kuma-yome:20171204212836j:plain

それでも「ひょっとしたら綺麗に撮れてるのが一枚くらいはあるかも?」と思いつつ撮影をするのですが、これくらいが限界のようです。

f:id:kuma-yome:20171204212852j:plain

今日の目的の一つである、いつものラーメン屋さん。
この日は煮卵入りにしてもらいましたが、ネギは老熊が取ってニンニクは半分こちらへ来ます。
昔はネギって好きなだけ入れられたみたいなんですが、途中で有料トッピングの仲間入りをしたそうで、野菜嫌いなkuma-yomeの分が老熊のラーメンへ行くことになりました。

ニンニクは加齢のせいか一人前分食べるとお腹が辛くなるようになったらしく、kuma-yomeと半分こする事になりました。

もう何年も食べ続けているのに飽きの来ない味らしく、定期的に食べたくなる衝動にかられるらしいので、真のソウルフードって感じなんでしょうかね。

最近は何でもレジェンドとか神対応とかソウルフードとか簡単に使っちゃいますけど、本来はそんなに簡単にポンポン出るような言葉ではないと思うので、直ぐにそういう言葉を使うテレビ番組を見ると即座にチャンネルを変えてしまいます。

kuma-yomeのソウルフードって何だろう?と考えてみても、中々思いつかないですしね。ご飯の友なら直ぐに思いつくんですけど、最高のこの一品ってのが思いつかないです。

最高においしい!と思ってしばらく通い詰めたのに、調理する店員さんが変わると途端に味が落ちたりしますし。
チェーン店で送られて来た冷凍食材を「揚げたり焼いたりするだけだから誰が調理しても同じ」なんて言われますが、マニュアルをいい加減にしてる人だったりソース類をかけ過ぎ(少な過ぎ)だったり、色んな所で微妙に分量や手順が違うだけで味って物凄く落ちちゃうので近所のチェーン店へ行く時は暇な時間に行って作ってる人を見てから引き返したりもしてましたしね。

昔テレビに出てた料理人の人が「料理は愛情!」って言ってましたが、ひと手間を惜しんで適当に作ったり、調理時間や火加減が微妙に違ったりしたダケで同じレシピでもガッカリ感が半端ないですからね。

kuma-yomeはいつも「料理は多分下手です。」というのは、あまり「美味しい」と言われた事が無いもありますが、味覚形成に大事な時期に美味しい料理を結構食べてしまったせいで、満足できる料理を中々作れないうえに中々出会えないという出来事のせいでもあります。

「料理は上手ですよ。」って言ってしまったら、それで完結してしまってそれ以上成長がなくなってしまいそうな気がしてしまいますしね。とりあえず手抜きはしないように心がけていますが、成長があったのかどうかは疑問です。

いつかは老熊のように、真のソウルフードに出会えたらいいなと願っております。

 

良かったらぽちっとお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村