野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

兵庫県ツーリング~マナーが悪い人って器用~その4(7月29日)

最近とっても気になるのがドライバーさんのゴミ出しのマナーが悪い事。4車線だったり2~3車線だったりする場合反対車線との間に植え込みや背の高いフェンスがある場所が多いんでえすが、何故だか飲みかけ(半分以上入ってる)のペットボトルのジュースが捨てられています。

f:id:kuma-yome:20171018122926j:plain

 お洒落なコンクリートの壁になっていたりするとかなり高い位置缶コーヒーが壁の溝にハメてあったりして信号待ちの僅かな間に運転席から身を乗り出してわざわざそんな子供じみた事をしてるんですね。

壁の溝にハメてあるのはカナリの高い位置なのでおそらくトラックなんですが、高いフェンスの向こうに投げ捨ててあるのは老熊いわく「普通車かも知れんで?」という事でした。

フェンスって結構高いので2mとか?それ以上ありそうな感じなのに低い位置からわざわざフェンスの向こうをめがけて投げ入れる神経がkuma-yomeには謎すぎます。

道路脇に落ちてる物ならバイクの人がうっかり落として行ったのかな?とか色々考えるわけですが、高いフェンスの向こうに投げる時、もし失敗したらフェンスから跳ね返って来て自分の車にぶつかって自分の車が傷付くかもしれないし、周囲の車にぶつかってトラブルになるかもしれない。

そんなリスクを抱えながらわざわざ困難な場所に捨てるなんてその人の神経ってどうなってるんだろう?と思ってしまいます。

時々ネットでは「お金を支払う時につり銭が少なくなるように小銭を出すのは気持ち悪い」とかくだらない議論がされている事がありますが、銀行での両替ってkuma-yomeが若い頃に手数料が必要になっちゃったんですよね。

そのせいもあって予算を削りたいお店では、多くなり過ぎた小銭を数えて要らない紙等で巻いたりしたのを思い出します。そこまで節約してるお店が今どれくらいあるのかは知りませんが、つり銭が少ないようにお金を出すという事は日々脳の老化具合を知るのに役に立つし、お店への心遣いでもあったりすると思います。

以前スーパーで小銭が少なくなるようにお金を出したら「これ要りません!間違ってます。」と女子高生に言われて「計算間違いの筈はないんやけどな。」と思いつつお金をひっこめると、やっぱりkuma-yomeの計算はあっていて大量にお釣りの小銭を渡されて物凄く腹が立った事があります。

偉そうな態度でこちらが悪い事をしてるかのような言い方だったのに、つり銭切れで大量の小銭(50円とかが不足)で渡されて財布の中の小銭が減るどころか逆に増やされてしまいましたからね。

それ以来女子高生の列には並びません。
車中泊等で田舎のスーパーへ行くと腰の曲がった髪の毛が真っ白ぼさぼさのお婆ちゃんがレジをしていたりする場面に遭遇したりする時もたまにありますが、そういうお婆ちゃんって女子高生よりもはるかにレジが早くってつり銭計算も早くって正確。

やっぱりソロバン経験って大事ですよね。
手話の数字を表す表現もソロバンをイメージした感じだし、計算が苦手なkuma-yomeもソロバンをほんの少しとはいえやっていたので、考え方としては理解しているお陰でややこしい計算も自分なりの方法で簡単にできたりしますし。

最近の人はと言う言葉を良くみみにしますが、今から20年ほど前の高校生で既に妊婦さんや幼児連れの母親に対して思いやりが無い人が目立ったし、20数年前の小学生で既にニュースで話題になってたような先生に対する暴力的な行為をする子供が増えていたので今に始まった事じゃあないと思ってしまいます。

良かったらぽちっとお願いします。

そんな人達が子育てをして育った子供達が今子育てをしていたり、社会人になっていたりするのだから、思いやりのない人の子供は思いやりが無く、暴力的な人の子供は暴力的だったりするんです。

たまに反面教師として突然変異的な子供も居るでしょうが、大抵は「親がやってる事は正しい事」として認識して育って行く子供達。地元のコミュニティを出てさまざまな地域の人と出会い、さまざまな考え等を学ぶ高校以降の時代で何を感じ、何を学ぶかでその子のその後が大きく変わっていくのだと思うのですが、都会であっても閉鎖的な地域だったり小学校、中学校のままの狭いコミュニティのまま大人を迎えてしまった人達は親の考え方は正しいという考えのまま大人になってしまうので、残念な子が増えてしまうので仕方がないですよね。

でも最近は地方へ行くと、車線中央や歩道の植え込みにペットボトルを刺していたりするのでどういった思考回路でそのような事をするのかとっても不思議。

以前住んで居た場所で小学生の子供が自分のゴミを自宅やゴミ箱のある場所まで持ち帰ろうとしたり、他人が散らかしたゴミを拾って直ぐ近くのゴミ箱へ捨てようとしたのを見て激怒し、その手からゴミをひったくるように奪い投げ捨てたという人を見ました。

その保護者は平気でゴミをその辺に捨てる人だったので、学校でそう習った子供の行動が理解できなかったようですが、ウカツにゴミを素手で拾ったら危険だと教えてそっと置くならともかく、「ゴミなんかその辺に捨てて置いたら良いのよ!」と言いながら投げ捨てるのはどうかと思う。

そうやって残念な親の子は残念な子になってしまう連鎖のせいか、礼儀正しい良い子やしつけのできてる子が減って行くんでしょうね。

中には学校で一人の残念な子が周りを毒して行ってる様子を見かけたりもしますしね。今住んでいる地域では殆どの子が私立の中学へ進学して地元の中学へ行く子が少ないらしいんですが、お金に余裕があって本人にその能力がある場合は逆隔離?!みたいな感じになりますが、残念な子との接触は早い間から分けて置いた方が自分の心身健康の為には当然の事なのかもしれないな?と思うようになりました。

街を歩いたり、車やバイクで通り過ぎるだけで虐めの現場を見かけたり、荒れた地域の現状を見てしまうと最近は色々と大変だな。と感じるばかりです。

今kuma-yomeの友達の中には小さな子供を子育て真っ最中って子も居ますが、老熊もkuma-yomeも古いタイプの人間なので、毎日他ママ友とトラブルになりそうなこの時代に子育てを終えていて本当に良かったと思いました。

比較的民度が高いと思っていた兵庫県ですら「植え込みペットボトル」はこれで2回目の目撃。最近はどこが治安が良いから、治安が悪いからでは測れない時代になってきましたね。

自分の子供は自分でしっかり守らなくてはいつ何が起こるか分からないという両親の心が擦り切れてしまいそうな時代に突入してる事に残念に思ってしまいます。

昔学校の先生が良く「お前ら教室に平気でゴミを捨てたり、つばは居たりするけど自分の部屋でもやるんか?」なんて言ってた事がありましたが、最近ではゴミ屋敷ってのが一人暮らしのお年寄りの方だけでなく20代等の若くて元気な人や美人で綺麗な恰好をしているテレビタレントにも多いとニュースで見るので、昔の先生が言ったようなセリフは今はもう通用しませんね。

 


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

兵庫県ツーリング(7月29日)その3

f:id:kuma-yome:20171018122707j:plain

 有馬温泉に付きました。小学校へ上がる前に家族や近所の人達と一緒に温泉へ行ってのぼせたのを懐かしく思い出します。

それ以来浴室の温泉はなるべく入らないか、入っても5分程度で脱衣所へ避難してまた入る、もしくは露天風呂のみにしています。

 

良かったらぽちっとお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

f:id:kuma-yome:20171018122740j:plain

トイレが近いのに足が悪いので、行く先々でトイレを探していますが、トイレの中で長話しをしていてノックをするとキレながら「電話しとんや!」という人が居たりするのでめちゃくちゃ大変です。

ここは「おもてなしトイレ」だそうなので衛生面や使用マナーに期待が持てそう。

f:id:kuma-yome:20171018122814j:plain

田舎に良くある?!ビックリ看板。今住んで居る場所にもあるんですが、何故田舎って突然歩道がなくなるんでしょうか?突然歩道がなくなって車道の端を歩くだけならまだマシなんですが、酷い所になると深い側溝が突然現れたりいきなり急な石段が現れて、人の家の2階の窓辺りに行ったりします。

ここまはだ予告看板があるだけマシですね。

兵庫県ツーリング(7月29日)その2

f:id:kuma-yome:20171018122335j:plain

何度も通る道なんですが、中々タイミングが合わずに撮れなかった野菜販売所。

ほんまもんという文字が中々怪しいと思っていたのですが、偽物かどうかって事ではなくって「自慢の野菜」って意味なんでしょうか。

 

良かったらぽちっとお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


にほんブログ村

 f:id:kuma-yome:20171018122354j:plain
切手文化博物館というのが見えてきました。
いつも夜遅くに通るので全然気が付きませんでしたが、珍しい切手や切手の歴史に関するものがあるのかも知れませんね。
 

兵庫県ツーリング~山のソーラーパネル~(7月29日)その1

今回も突然老熊がツーリングに行くと言い出したので兵庫県方面へツーリングへ行く事になりました。
子供の頃から比較的馴染みのある兵庫県ですが、まだまだ知らないスポットや新しいショッピングモールが多くできてとても気になる街なのに、ショッピングモール的な所は「近いでいつでも連れてったるで。」と言いながら一度も連れて行って貰った事はありませんけどね。

f:id:kuma-yome:20171018123414j:plain

少し離れた山にソーラーパネルの山が見えます。
数年前だったと思うのですが、業者が突然立てた山の中のソーラーパネルのせいで崖崩れの恐怖に怯えるふもとの住民の話しや、家のすぐ前にソーラーパネルが立てられてしまって毎日炎熱地獄になってしまってる老夫婦の話しや道路脇の傾斜にソーラーパネルが立てられて雨が降った時に道路へソーラーパネルが崩れて来た。

なんて話を思い出してしまいました。

 

良かったらぽちっとお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

f:id:kuma-yome:20171018123433j:plain

最初見た時は街の直ぐ上にあるような印象を受けましたが、結構街とは離れているようです。

主婦向けの番組って色んな問題を取り上げてくれるのは良いのですが、問題があってテレビで放送して相手企業へ取材した結果どうなったのか、その後が無かったりする事が多いので中途半端な知識のままっていう主婦が多いのかも知れませんね。

ソーラーパネルも数年前に幾つかの問題を取り上げていたので、それを見ているだけだと「いい加減な業者さんばっかりなんかな?」と思い込んだまま時間が止まってたりする場合があったりしちゃうんですよね。

kuma-yomeが若い頃も手抜き工事やシックハウス症候群、化学部室過敏症等色々放送されていました。

その後どうなったのかっていうのが無いので、今の場所へ引っ越してから「最近の家って出来上がるのが早すぎるよね」という話をした時に年配の方が「手抜き工事」だと話されて専門用語的なのを交えながら、「あれも無いこれも無い手抜きすぎや」という話になり、さすがに長年建築系で働いておられる方が「それは無いわ」と笑っておられましたが、新しい工法でそういったのが無いように見えるだけなのか間違った知識のまま時間が止まってしまったのかは分かりませんが、話は平行線になってしまいました。

kuma-yomeはソーラーパネル設置業者が自然の多い田舎の土地を大量に買い、地元住民に迷惑をかけてるって報道を見たっきりなので良い業者さんもいるんだろうなくらいにしか分かりません。

でもまぁ何の知識も無い人間があの大迫力の山頂ソーラーパネルを見ると「落っこちて来そうと思ってしまいますね。

以前パチンコ屋さんが「地域に貢献しています。」ってCMをやっていて「ほんまかなぁ」と思っていたんですが、確かに嫌々やらされてる感満載で喋ってばっかりのやる気の無い従業員さんがいたりする地域もありましたが、キチンと真面目に地域清掃にとりくんでいる地域の方もいたのでソーラーパネルの会社も安全性PRをしてくれないと何年も前に見た主婦向け番組の影響のまま知識が止まってしまってる人も結構居そうで「ソーラーパネルがあるからあの辺に行かないでおこう」なんて間違った話が置きそうですしね。

以前何かの電気系施設ができるってなった地域の人が近寄ったら健康被害があるとか騒音が激しいとかっていう理由で反対してる看板を車中泊の時に見かけましたが、直後にググッて見てもそういうニュース記事が出て来なかったので建てる側の説明不足なのか何かの思い込みなのかな?という事がありました。

お年寄りや主婦は特に古い知識のまま時が止まってると言う人は多いし、最近は読書をしたり新聞を読んだりという若者も随分減ってしまっているので知識量の低下は多いのかもしれませんね。

昔はkuma-yomeもネットニュースがあるから新聞なんてゴミになるし取らなくってもって思ってましたが、有名新聞社のネットニュースですら誤字脱字を良く見かけるし、嘘や間違いを書いているネットニュースのサイトも多いので企業等は費用がかかっても自己アピールは必須なのかも知れませんね。

帰省で季節を感じる(7月24日)

良かったらぽちっとお願いします。


にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

f:id:kuma-yome:20170919234405j:plain

関西人的には有名なイベントだと思っている天神祭の花火

おきまりの帰省で大阪市内へ帰ったら張り紙があったので寄り道。

実はkuma-yome花火を生で見たことが無いんですよね。物凄く混むしコーンで車道とかが区切られていて歩き難いので、いつも夕方明るいうちに出店を見に行って花火が始まる前に帰っていました。

花火はいつも生放送をしているので、夕方に帰っても放送時間には間に合いますし木屑や煙で咳こんだりしてしまうのでkuma-yomeにはピッタリだったんですが、我が子も体が弱かったのであまり人混みには行かせられず、開き始める出店しか見せた事はありません。

体が弱いからと色々な事を我慢させ、アトピーだからと食事制限もあったので、幼少期の思い出は、あまり楽しい思い出は無いのかも知れませんが、kuma-yomeも小さい頃は我が子よりも体が弱かったので、体育は長い間見学だったし病院通いで勉強は遅れるし、体が小さ過ぎて虐められたり苦労も1杯して、楽しい思い出よりも悲しい、悔しい思い出ばっかりの故郷だけれどそれでもやっぱり大阪市が大好きです。最近は下品で乱暴者の移住者が増えてきて「それが大阪市民」だと勘違いされていてそれがテレビ受けする「大阪市民像」であり地方の人が誤解している「大阪市民像」なんですね。

40年以上大阪市内の引きこもりの、大阪市民4代目をやってましたがいつも地方の人達に言われるのは「大阪の人のイメージじゃない」「大阪弁じゃないみたい」みんなが言う「思い出人」はテレビ局が悪ふざけで作り上げた虚飾の「大阪人像」なんですよ。

時々よそ者だからという理由だけで理不尽な虐めや嫌がらせに出逢っても反論は一切できずに耐えなければならないよそ者。

老熊が自宅に居るときはシッカリと監視の目を光らせてくれているし、知人も暖かい人ばかりなので、何日も一人で留守番する地域なのが救いですね。

毎日花や草の香りで季節の移り変わりを感じ、のんびり過ごせるのが救いと言えば救いなんですが、やはり「大阪市民人」はガラが悪いというイメージが強いらしいので、どんなに虐められようが、嫌がらせをしようが常に笑顔で動じないふりをしなくてはいけません。

パワハラの証拠集めをしようとAndroidやICレコーダーを職場に持って行き相談するも毎回追い出されるのは被害者であるkuma-yome。

初めて就職した時、電車の中や駅の地下通路ですれ違い様に衣服をカッターやナイフのような物で切られる事件があったんですが、田舎は今あるんですよ。はっきり言って20年ちょっと遅れてる感じですね。

出勤1日目にバイトの責任者さんから「わたし元ヤンやねんけど。」とかなり上から目線で睨まれた事もありましたし。

そういう自慢?!行為は何歳までが可愛いのか分かりませんが、kuma-yomeの母親よりも年上の孫もいるようなお婆ちゃんですら自慢してきていたので正直うんざりなんですが演技力がイマイチなので「うわ〜凄い!強かったんですか?カッコいいですね。」何て言えないし。

あまりの演技力の無さにシバカレかねませんしね。

そんなkuma-yomeも帰省の度に地下鉄をブラブラしたりなんの変鉄もない街をみているだけで癒されます。

運良く桜の通り抜けに帰省日時がぴったりあったりするのでめいいっぱい故郷の空気をため込んでまたいつもの日常へ戻ります。 

高山チョッパー(7月23日)その15

19時15分撮影限界

f:id:kuma-yome:20170921183908j:plain

Androidには色々撮影モードの設定があるのですが、イチイチ設定するのも面倒だなと思いつつも色々使ってみるkuma-yome。

iPhoneなら設定無しで撮影してもくっきり綺麗なんですけどね。Androidを入手した頃は防水iPhoneが出てなかったのでAndroid一択だったので仕方がありません。

夜間撮影モードで撮影したもののいつも通りの時間に撮影の限界がやって来ました。光という光が全部ハテナマークです。

 

良かったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

にほんブログ村

f:id:kuma-yome:20170921183933j:plain

色々予定が狂ったものの、22時頃自宅に到着。物産展で買った珍しい黒のさるぼぼを開封。

厄除けだとの事なのでkuma-yomeにはぴったりです。これをスマホに付けて危ないお年寄りやオバチャンをブロックしたいですね。

f:id:kuma-yome:20170921183948j:plain

自宅について冷蔵庫へなおす物、洗い物、洗濯物・・・と順番に仕分けしていたらペットボトルカバーに謎の虫が付着。

どうやらミーティング会場から連れ帰ったっぽい?!

めちゃくちゃ小さいし激しく室内を飛び回ったりしなさそうなので、ペットボトルカバーを持ってベランダへ出て、柵の外へ振り落としました。

疲れてホッとしたかったのに最後の最後まで野生昆虫に驚かされました。家に上がる前は全ての荷物をおもいっきり降ってから入らないとダメなんでしょうか?老熊は全く気にしないし他の家庭ではどうしているのか気になりますね。

 

高山チョッパー(7月23日)その14

雨がきついせいか、霧が物凄い事になってます。自分で運転するわけではないので、気楽なものですが免許があったら絶対に運転したくない天気。

f:id:kuma-yome:20170921183353j:plain

トンネル内故障車の文字。

前が見え難いトンネル内でイキナリ故障車が止まってたら、うっかり事故になりそうで厄介ですね。

最近は両手でスマホを操作しながら画面のみを注視している人や両手を離してご飯食べてる人もいますしね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

にほんブログ村

f:id:kuma-yome:20170921183704j:plain

ドキドキしながらトンネルを出てもやっぱり霧。

昔は雨が降ると工事が中止になったイメージでしたが、最近は雨が降っていてもやっていたりするようですが、これくらいの霧になると流石にお休みになったりするんでしょうか?

f:id:kuma-yome:20170921183725j:plain

霧の濃い地域から遠ざかったら霧が薄くなるものだとおもっていたら、更に濃霧。

こんな天気の時に毎回遭遇する逆送車に出くわしたら確実に死ねそうですね。

昔良く「助手席が危ない、死亡率が高い」と聞いたことがありましたが、「咄嗟に運転している人が自分の身を守ろうと回避行動を取るから助手席が危険なんだろうな」と老熊に捕獲されてから学びました。

合流とかで若干恐怖を覚える時は物凄く怯えた顔で相手ドライバーを見つめ、逆送車が現れた時はスマホのカメラを構えます。

何回かは撮影に成功しているので万が一事故になっても証拠写真を撮れる可能性が高いのではないでしょうか。

いつでもスタンバイできるように、反射神経だけは鍛えておかないと行けませんね。