野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

イトーヨーカ堂奈良店 

またまたイトーヨーカ堂奈良店を通過します。
何度もバイクや車で目の前を通っているのに一度も寄った事がありません。
ここは長屋王邸跡だそうで、敷地の一角に石碑が建っているらしいので一度見て見たいんですよね。

歴史で慣れ親しんだ長屋王の邸宅があった場所なんて歴史的ロマンを感じずにはいられません。
数年前に正倉院展へ行った事があったんですが、当時の知り合いからは非難されてしまいました。

kuma-yomeは特別な思想がある訳ではなくって、前日にたまたまテレビのニュースで「正倉院展」をやっていて、たまたま紹介された展示物に魅力を感じて「暇だし行ってみるかな?」って軽い気持ちで行ったんですが、物凄い混雑で中々入れず、やっと入れたと思ったら抱っこした赤ちゃんに展示ケースを舐めさせてる親が居たり「止まらないで下さい」と呼びかけている警備員さんに「止まってないやろ!いっこも見えへんわ!」と怒鳴るお爺ちゃんが居たりと最悪な状況だったんですが、ミーハーな人にはあまり人気が無いエリアだったのか、殆ど人が居ない静かなエリアがあって入った瞬間に気が引き締まる思いをしました。

当時の人が日常生活に使っていた発掘品の数々。
何の興味も無い人が見ればただのガラクタだったりガラス玉だったりするそれらの品を想像力を巡らせ繋ぎ合わせて大きな復元品にしたり用途を考えたり。

それってとっても素晴らしい事だと思うんです。
1000年以上前に誰かが作って、それを日常的に使用していた人が居て、長い年月誰の目にも止まらずひっそりと土の中で過ごしていたそれらの品が、何かの拍子に発見されて、ガラクタではなく歴史的価値のある物として認められて色々な研究者の手に渡り、磨かれ研究されて今この場に展示されている。

そう思うだけで厳かな気持ちになってしまうのはごく普通の感情だと思っていたんです。

人が少なく静かな雰囲気のその部屋に入ろうとした時、思わず手のひらを胸の辺りでぎゅっと握りしめてしまいました。

だけど当時周りに居た人達はkuma-yomeのそういった歴史的ロマンから来る感動に対して天皇主義者なんだね」的に言われてしまいショックだったのを思い出します。

kuma-yomeはこれといって素晴らしいと思える宗教に出会えていないので自由に歴史的価値ある物を見に行けると気楽に考えていたのですが、「宗教的、思想的に縛りのある人にとってそれは良く無い事なんだな」と今でも少し寂しい気持ちです。

外国の思想や宗教にもあまり興味はありませんが、歴史的建造物や出土品にはとても惹かれる物もあったりするので古代文明についての書物や出土品は好きなんですね。

一度も外国へ行った事が無くって外国の人の考え方だったりに理解ができなかったとしても古代史等から現代の思想につながる手がかりがあったりする事もありますし、自分とは違う思想や文化を冷静に学べる時というのが発掘品等から過去を知るという事なのだと思います。

宗教や思想が違うからと言って頭ごなしに歴史や文化を知ろうとしないのは先人から学ぶ機会を自ら放棄している事になるんじゃないのかな?と思えて残念ですね。

その時代では素晴らしいと思われていた事が後に否定されたり、学の無いkuma-yomeから見るととても立派な事のように見える事が知識人等から見るととても未熟な政治だったりするのですから100%の正解が無い歴史文化というのは何とも面白いと思います。

今知られている歴史的な出来事も数年後には全否定されているかもしれませんしね。実際kuma-yomeが子供の頃に習った事なんて今時の小学生からすると計算の仕方一つ取ったって「間違いだらけの頭悪い人」だったりしますし。

そういう時kuma-yomeは「習った頃はみんなと違うやり方やったんやで。色んなやり方がある物なんやで。」と伝えます。

計算だって途中のやり方が違っても答えは合っているし間違ったやり方では無いですしね。

ただ最近はどこへ行っても「自分の知っている事が全て」と思ってしまう人が多いようで「自分と異なる考え方や作業工程を認め無い」という風潮が目立っています。

「異なった考え方、異なった作業工程があってそれを知り認め合っていく事でもっと効率の良い作業工程が生まれたりするかも知れないのに」と残念です。

kuma-yomeは特別な思想の持ち主ではなく、ただ単に歴史のロマンに思いを巡らせるのが好きな歴史好きなだけなんですけどね。

f:id:kuma-yome:20170612003235j:plain

長屋王邸跡にこんなおっきな建物が建ってしまっているので、行っても何にも無いんでしょうが壁画に描かれてあると思われる文章を読んでみたいですね。

せめて難波宮のように遺跡の様子が見れる建物の立て方をしてくれたら良かったんですけど、奈良ってあまり遺跡を大切にしない印象を持ってしまいます。

高松塚古墳が発見された時のニュースを今でもはっきりと覚えていて「一度は行ってみたい」と思っていたのですが、数年後にカビで壁画がダメになったって聞いてショックでしたね。当時は保存方法等に問題があったかのように報道しているニュースもありましたし。

数年前には三笠山にケーブルカーやモノレールを作る案が出ていてガッカリ感が半端なかったですし。

kuma-yomeは子供の頃国語の教科書で阿倍仲麻呂の歌とそれを詠んだ状況を習った時に感動して、ずっと三笠山に行きたいと思っていたので老熊に捕獲されてから「今は若草山って言うんやで。」と教えて貰って「ぐるっとバス」に乗って連れて行ってもらったんですが、感動的でしたね。

あそこにケーブルカーやモノレールを作るなんて信じられません。
ぐるっとバスで十分安くて楽に観光できますから。

阿倍仲麻呂が思いをはせた三笠山が美しい姿で見れたのはとっても嬉しかったんですが、いつケーブルカーやモノレールの建設が始まってしまうか分からないと思うと、怖くてもう行けません。

せっかく遠くから美しい景色を撮りに行ってガッカリ感が半端ない乗り物が見えたら時間とお金の無駄って感じですしね。

以前三笠山の話を「奈良人自慢」をして来る人に話したら「どこそれ?!」と言われてしまったので、歴史的遺産にあふれた県なのに有名な歌に出て来る山も知らないおっちゃんが居る時点で歴史的遺産に興味無い人が増えたのかな?と残念です。

kuma-yomeが今住んでいる場所では歴史ある祭りや行事が行われているし、地元が出て来る歴史的歌等を知っているお年寄りがいたりするので、まだまだ景観に関する意識は高いようですが。

f:id:kuma-yome:20170612003421j:plain

 イトーヨーカ堂の前にあるバス停では「宮跡庭園(イトーヨーカドー前)となっていました。
道の駅へぐりの辺りを通過すると「長屋王」の文字が入った標識を見かけます。移動速度が速いのでしっかりと文字が読めず、長屋王の何があるのか分かりませんがちょっと気になります。

でも何度その話をしても「長屋王」を知らない老熊は全く興味がわかないらしく散策等に連れて行ってくれる気配はミジンも感じられません。

f:id:kuma-yome:20170612003250j:plain

数年前からこういうカカシを見るんですが、最近の流行りなんでしょうか?!行きしなとは違う場所のカカシですが、夜見たら怖そうなカカシが並んでいます。

f:id:kuma-yome:20170612003305j:plain

なんか歴史的匂いがして来そうな地名を発見!
kuma-yomeはローマ字を見てから読んだのに老熊はすんなり読めたので全く面白く無いです。

変わった地名って全国に結構あると思うんですが、京都や奈良の場合難読地名があると歴史的背景があるのでは?!と思って気になってしまいます。

最近はネットで色々調べられるから便利なんですけど、やっぱり怪しいというか嘘も多く出回っていたりするのでキチンとした出版物で学ぶのが一番ですよね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

針テラス出発 6月4日

一度バイクを降りるとお尻の重くなるkuma-yomeなんですが、乗った直後に「スタンド寄るぞ。」と言われるのも嫌いです。

kuma-yomeって乗り降りがあまり得意では無いので、乗った(降りた)したらしばらくはそのままで居たい方。

始めて乗せて貰ったバイクが125CCだったので、乗り降りはし易かったんですが、「死ぬぅうう!」と思う事が何度もあったし、登山用の50L?ザックに大量の荷物を積んで乗らされたりしたので体フラフラだったので「ボッカなんかしたくないし。」と良く思ったものでした。

その後がアメリカンで乗り降りがし易く、天気の良い日は10分程度居眠りをするのが日課でしたが、その次のバイクがスピードの出るタイプだったので出発や加速の時なんかは落とされるんじゃあないかと心配になりましたが、慣れて来ると高速で居眠りしたりしていました。

でもつかまる場所がなくって老熊のお腹を持つように言われたんですが、でっかい大木腹に捕まるのは体制に無理があるし疲れるので、肘を伸ばして自分の足の付け根に両手を乗せて乗っていました。

f:id:kuma-yome:20170612003054j:plain

最近は棒が付いたので「楽やろう。」と言われますが、まだまだ慣れていないのと、体が超硬いので腕をねじり上げられている感じがして辛いです。
しかも手首がバイクのどっかの部品に当たってるらしくアザができるんじゃあないかと思ってしまうくらい痛いんですよね。

とりあえず炎天下の中不審人物化しているkuma-yomeはスキー用ダウンのとNANKAIのオーバーパンツの上にプロテクターを付けて出発の準備です。

途中に数回山道を通るのでこの服じゃあないと山道で気絶しそうになるくらい寒いんです。

f:id:kuma-yome:20170612003113j:plain

出発して直ぐに何か大迫力な車を発見。
こういうのが目の前走って来たらめちゃくちゃ怖いです。
「やっぱり免許取らんで良かったな。」普段免許を取るように言って来たりする老熊なんですが、超ビビリなkuma-yomeの性格を目の当たりにするとこう言います。

f:id:kuma-yome:20170612003133j:plain

kuma-yomeの故郷へ帰省する時に良く通る道に桁下制限のある道があるんですが、時々ファミリーカーの人が慌ててバックをするので軽く渋滞になります。

ここはめちゃくちゃ目立つ感じで桁下た制限書いてくれてるんですが、3.8mってちょっと低いような気がします。

kuma-yomeはあまりにも喋りすぎるらしく、時々「ナビが聞こえへん!」と怒られる事がありますがこういう表示を見落としてうっかり突っ込んじゃったら危ないでしょうね。

時々突っ込んで上を破壊する車が居るみたいですけど。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

針テラス到着 6月4日

ようやく針テラス到着。
老熊はめちゃくちゃ遠回りをしてくれるので時間がかかり過ぎてお腹が鳴ってしまいます。
朝昼ごはんを普段抜いて仕事をしている老熊とは体が違うので、もう少し気を使ってくれるとありがたいんですけどね。

f:id:kuma-yome:20170612002855j:plain

実はkuma-yome針テラスって結構苦手なんです。
来る度に危険な人達を見つけてしまうので老熊と離れたくないのに、トイレの場所が男女離れ過ぎてて一人になる危険が高いのが苦手。

初めて車中泊で来た時は道の駅内を一晩中走り回っているバイクグループがいて煩かったし、ツーリングで来た時には逆走して道の駅に侵入するバイクがいたりしてぶつかられたらどうしょう!と一人恐怖に震えておりました。老熊は全く動じないんですけどね。

f:id:kuma-yome:20170612002914j:plain

入ってすぐの一番端っこでさえバイクが止まってます。
この辺りにバイクを止める人って純粋に休憩する為に訪れていて、話しかけられたく無い人達なんでしょうか?!
良く話しかけたそうにウロウロしていたり、話しかけたりしている人っていますもんね。

f:id:kuma-yome:20170612002929j:plain

何か珍しいバイクを発見したので持ち主さんの居ない間にこっそり撮影。
なんだかこの顔って超特急ヒカリアンを思い出しませんか?!

あのアニメって最初見た時は失笑だったんですが、その後ついつい見ちゃってたんですよね。子供用のおもちゃにしてはキャラクターグッズ高かったのも思い出。

老熊にはゆるキャラに見えたらしいんですが、kuma-yomeにはヒカリアンにしか見えない。
ニヤニヤしながらめっちゃガン見してるんで、持ち主さんが居なくってなによりでした。

f:id:kuma-yome:20170612002958j:plain

ライダーさんって良くヘルメットをこういう風に刺してる人居ますよね?!老熊はあご紐を輪にしてハンドルに掛ける派はんですが、この掛け方って角度によるとめちゃくちゃ怖いんです。

タンクの辺りに上着を掛けられるとバイクに人が刺さってるように見えて一瞬心臓が止まるかと思ってしまうくらいビックリしてるので、老熊に笑われます。

このヘルメットは若干下向いてる感じなのであまり怖く無いんですが、見た事無い感じのかっこいいヘルメットだったので思わず撮影していまいました。老熊に聞いたら結構高いらしいんですが、kuma-yomeにはお気に入りのツノ付きヘルメットがあるので(近場でしか使わせてくれない)おねだりはできません。

 テーブル席が空いていたので、ファーストフードを買ってもらってお昼ごはん。今住んでいる場所には、飲食店どころかお店自体が殆ど無いので、お出かけをした時しか食べられませんし、老熊はこういう食べ物が嫌いなので年に一回食べられるかどうかです。

食べた後色んなバイクを見ていたkuma-yomeですが、老熊は自分のバイクに見とれています。老熊の乗るバイクっていっつもお爺ちゃんがガン見するんですよね。

昔乗ってたアメリカンも歩いていたお爺ちゃんが通り過ぎた後も振り返って見続けていたくらいお爺ちゃんが萌えるバイクみたいです。

老熊のお友達のバイクは若者に人気のバイクだったりするみたいで、道の駅に入る時や出発する時なんかにエンジン音がすると若い子が見とれてたりしてたんですが、友人同士でも全然バイクの好みが違うんだなとその頃思った物でした。

老熊と同じ年ぐらいの結構おっちゃんライダーさんが、遠くのバイクを見つめながら一緒にいた人に「何でここってこんなに人が居るのかな?」と話していたのですが、老熊とkuma-yomeは多分ほぼ同時に「あんた(お前)もな」と心のなかでツッコミを入れていたのは間違いないでしょうね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

突然の針テラスツーリング〜伊賀(6月4日)

色んなルートを通るとはいえ、針テラスは良く行く場所なので印象に残る場所というのは幾つかあるのですが、今回やっと撮影に成功した場所が一ヶ所増えました。

f:id:kuma-yome:20170612002715j:plain

初めて見た時は大爆笑してしまいましたが、なかなか迫力のあるかかし?!絶対夜には通りたくない場所。

ここの他にもこういうかかしを見た事があったんですけど、あまりの衝撃に撮影できずにいたんですが、老熊にこの写真を見せたら爆笑してましたね。

f:id:kuma-yome:20170612002735j:plain

 流石忍者の里!と思って思わず撮影した後でよぉ〜く見てみたら、イベント終わってました。

kuma-yomeが今住んでい居る町ものどかな感じなので、イベントが終わっても数ヶ月看板が撤去されていません。おおらかで良いですよねぇ。

f:id:kuma-yome:20170612002814j:plain

収穫前の田んぼ以外にもこんな風に黄金色になる作物があるんですね。
初めて知ったので思わず撮影してしまいました。
ミーティングで話をしてくれた四日市の方が「見るもの全て珍しくって思わず撮影していまうんです。」と話したkuma-yomeに笑いながら「すぐ飽きますよ。」と言っていましたが、まだまだ珍しい物が多過ぎて後数年はこうやって写真を撮りまくってそうな予感がします。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 針テラスツーリング〜たぬき村に潜入。(6月4日)

「やたらとたぬきが多いなぁ」と思っていたら、いつも通っている道を外れてどんどん奥へ進みます。

f:id:kuma-yome:20170612002546j:plain

初めて見たんですが、たぬき村ってあるんですね。若干期待をしつつカメラを握り締めます。

 

f:id:kuma-yome:20170612002607j:plain

いつも通っている道は、たぬきの数も凄いんですが、巨大で「ちょっとぶっさいこ?!」な感じのたぬきもいたりしてかなりの種類がいますが、こちらは数的にはそんなに多く無いものの珍しいたぬきがいっぱいでした。

以前通った道にはたぬきバーガーってのがあったんですが、あれって本当にたぬきなんですかね。

数年前に蒜山高原へ行った時は焼きヒラメの旗が見えたので、老熊に報告へ行ったら「こんな山の中にヒラメがおるか!」と怒られてしまい見てくれもしませんでした。

滋賀県のSAではブラックバスハンバーガーが売ってあったり、因幡の白兎で有名な道の駅ではワニラーメン(ワニの肉では無いらしいとか売ってましたが、この辺りで売られている「たぬきバーガー」は本当のたぬきの肉なんでしょうか?本当に気になって仕方が無いです。

超ビビリなので怖くって食べれませんけど、なんだかちょっと気にはなりますね。

 

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

針テラスツーリング お茶どころ〜その3 (6月4日)

京都に行くと一番最初に目に止まるお茶看板は一休さんの絵が描かれた看板。

どうやら京田辺という所は玉露おしみたいです。

 

f:id:kuma-yome:20170611233957j:plain

こちらは京田辺市一休さん看板とは全く違って渋い感じのお茶アピールをしている「宇治田原茶」いかにも和風!って感じがする伝統とか大事にしてそうな置物。

f:id:kuma-yome:20170611234010j:plain

こちらは最初の2箇所と全く違う意味で目が釘付けになってしまった看板の朝宮茶。

宮って字を使っているんで献上品とかだったりする過去があるんでしょうか?!看板に書いてある「かたぎ古香園」という名前の読み方が全く分らず「こかえん?」「ここうえん?」頭を悩ませてしまいました。

 

f:id:kuma-yome:20170611234027j:plain

ここを通るたびに気になる謎の電車。
山の途中にあるので多分どこかの私有地内で保存されているんでしょうが、放置されてる感がして気になります。

とっても遠いのでズーム無しの片手撮影では中々上手く撮れ無いので、この道を通過する度にチャレンジしています。

いつかは綺麗に撮れる日が来ると良いんですが。

 

f:id:kuma-yome:20170611234040j:plain

今回はめちゃくちゃ天気がよくって比較的体調も良い日だったので、眠くなる事も無く元気に撮影しまくっていました。

あまりの天気の良さに「ちゃんと写るかな?!」と遊び心で老熊のヘルメットめがけてカメラを構えてみました。

あまり動いてバランスを崩すといけないので、普段は画面を確認せずに感覚だけで撮影している為一回の撮影で3枚くらいは失敗作があるんですが、いくら天気が良いと言ってもヘルメットを撮影しているので真っ黒に写ってしまう事もあって中々上手く撮影できませんでしたが、2回目のチャレンジではっきりくっきり撮影する事ができました。

天気が良かったらヘルメットも鏡代わりになるんですね。
カナリ傷が付いているので本物の鏡みたいに綺麗に映るわけではないですが、それなりに綺麗に撮れたっぽいので満足です。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

突然の針テラスツーリんぐ〜その2 (6月4日)

目的地へ行くのにいつも激しく大回りをする老熊。
どこをどう走っているのかさっぱりなので、いつの間にか隣の都道府県に行っていたかと思うとさっき通り過ぎて出た筈の都道府県に戻っていたり。

f:id:kuma-yome:20170611233640j:plain

田んぼの多い地域を走っていたら、中々エコな柵を見つけました。
一般的に何かの侵入避けの為に設けられた策っていうのは金網だったり鉄の門だったりするんですが、こちらはコンクリートブロックと古そうな竹+網です。

これも景観に配慮した結果の策なんでしょうか?
和の感じが凄く出ていてとっても良いと思いました。

 

f:id:kuma-yome:20170611233652j:plain

お茶畑がチラホラ見えて来ます。
静岡へ行った時はめちゃくちゃお茶畑が多くって高速道路を走っていても、あまり車通りの無い静かな民家の間を通っていても必ず茶畑のある静岡。

わずかな急斜面や線路脇ですら見逃さ無い有効活用な感じが素晴らしかったんですが、京都は静岡程はお茶畑がない印象ですね。

ひょっとしたら今回通ってい無い場所に沢山のお茶畑があるのかも知れませんが、とりあえずチラホラと茶畑があるって感じました。

f:id:kuma-yome:20170611233715j:plain

何かのアクシデントで閉鎖されてしまったトンネル?!と思わず思ってしまったんですが、ちゃんと普通に通れるトンネルでした。

この写真を後から老熊に見せた時も「工事中か?!」と聞いてきたくらいなので、ぱっと見は「何かの都合で通行止めのトンネル」に見えてしまって一人で勝手にホラー気分。

結構狭いトンネルっぽいので車で来るのは不可能な場所なのかな?!と思わず見入ってしまいました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村