野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

広々四国

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180917201802j:plain

老熊はこういう道路が好きでツーリングに行くと「ここ撮っといて」

と言ってきます。

f:id:kuma-yome:20180917201822j:plain

四国が暑い地域だと言っても5月の初旬だと20℃くらいしか無いのでまだまだ過ごし易い気候なんですね。

近畿地方の天気では豊岡や豊中が暑いと良くやってるんですが、四国ってどれくらいの暑さになるんでしょうか?

四国と言えば昔夏になると水不足のニュースがあって大阪から船で水を運んでいたのを思い出します。

何かの対策が取られたのかkuma-yomeがあまりテレビを見なくなったダケなのかは分かりませんが最近はそういうニュースを見かけなくなりました。

 

f:id:kuma-yome:20180918092953j:plain

なんだかカーブはあるわアップダウンはあるわで大変そうな橋が現れました。

f:id:kuma-yome:20180917201847j:plain

あっちこっちで道路建設が盛んなのでしょうか?

四国へ来て道路工事を良く見るような気がしました。

f:id:kuma-yome:20180917201926j:plain

少し行くと単なる補修工事だと判明。

f:id:kuma-yome:20180917201944j:plain

この橋はしらさぎ大橋というらしいのですが、とても美しい橋に見えます。

車が少なくって橋の姿をじっくり鑑賞できるからなんでしょうか?

瀬戸大橋も明石大橋も白い橋なのでマニアではないKuma-yomeにはパッと見てその違いを言うことはできませんが、海や大きな川の上に大きくて美しい橋を見事に造る技術に感動します。

自宅に帰ってからググってみた所、この橋は干潟や橋周辺に生息する鳥たちに配慮して設計変更をしたような事がWikipediaに書かれていました。

人が便利になる為に道路や鉄道等は大切な事は、まちっ子のKuma-yomeはとっても良く分かります。

大抵の施工主さんは安く、早く仕上げたいと思うのが一般的だと思っていたのにWikipediaに書かれている事が全て真実だっとしたら地元の方の地元愛の強さなのかな?

と感じてしまいます。

 

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
にほんブログ村

元気なゆるキャラからのお願い(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180918092556j:plain

日和佐道路というのが全線開通したらしいんですが、早とちりなkuma-yomeはてっきり道路計画の看板かと思ってしまいました。

色んな所へ車中泊で出かけると「〇〇道路早期実現!」みたいな看板の方が圧倒的に多いですしね。

楽しそうに笑う亀の絵を見ていると何だか優しい気分になって来て「ゆっくり走ろう〇〇路」という看板を思い出しました。

文字で書くよりイラストの方がほっこり感あってゆっくり穏やかな気持ちで走れそうな気にさせられます。

f:id:kuma-yome:20180918092609j:plain

突然現れた何だか元気すぎるゆるキャラ一瞬カボスかと思ったんですが老熊に言うと「四国の人が聞いたら怒るで」と言われました。

以前テレビのリポーターが産地紹介でインタビューしてるのに何度指摘されても間違えてバッカリで段々農家さんがイライラして来ていたのを思い出します。

kuma-yomeはポン酢が大好きですが、柚子のを使う事が多くってカボスとかすだちとかあんまり良く分かりません。

説明も聞いた事がないし食べ比べをした事もないので仕方無いんですが、地元の名産を愛する人にウッカリ言い間違えないようにだけは気を付けたいです。

 

f:id:kuma-yome:20180918092627j:plain

元気すぎるゆるキャラの柵が途切れたと思っていたら、またまた現れました。
しかも今度は大量においてあります。

こんな元気で可愛いゆるキャラにお願いされたら工事渋滞も許せる気になりそうですね。

 

f:id:kuma-yome:20180918092648j:plain

これでもかーってくらい大量にご当地ゆるキャラと思われる工事柵があります。
kuma-yomeの地元だと可愛い工事柵って殆ど見ないので少し寂しいんですが、ご当地系で行くと新幹線や鹿を見た事がありました。
他にはチョッパーやルフィー、キティーちゃん等のキャラクター物なんかもあってお洒落だなーと思ってましたがここまで徹底してるのは初めて。

f:id:kuma-yome:20180918092753j:plain

どこまーでもーと思わず歌いたくなってしまう位大量のゆるキャラ
帰宅してからググって見たら「徳島のゆるキャラ すだちくん」だという事が判明。

徳島に来たぞー。感があって分かり易い。
いつも車であっちこっち連れて行かれたり、ハードな乗り換え地獄での電車旅だったりするのでandroidの位置情報をonにして無かったらどこがどこやらサッパリ分かりません。

その為道路標識や交差点名も写真に撮ってるんですが、こういう一目で分かるのが一番嬉しい。

f:id:kuma-yome:20180918092810j:plain

ここは作りかけ道路だったみたいで真ん中が途切れています。
工事区間が終わりに近付いているのか「すだちくん」の数も減って来ているのでこの後はスイスイ行けるのかな?と思っていると

f:id:kuma-yome:20180918092822j:plain

まだ工事区間は続いていました。
でも「すだちくん」の数はぐっと減ってしまっています。
今回工事柵で初めて「すだちくん」を知ったのでお土産売り場に行ったらちょっと探してみたいなと思いました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
にほんブログ村

 

高知のLawson「四国おにぎりセット」(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180720105631j:plain

車中泊移動をしていると「ミレー」と書かれたトラックを見たんですが、何の事だかサッパリ分からなかったんですが、トイレに立ち寄ったLawsonで売ってました「ミレー」

高知のお土産としての熱意が感じられるパッケージですね。

f:id:kuma-yome:20180720105637j:plain

1月に入院してから小食になってしまったkuma-yome。
「健康の為にもこのままの食事量をなるべくキープしたいな」と思いつつも無理に我慢したり脳内がダイエット一色になるのも嫌なので自然体で行きたいんですが、コンビニ弁当ってどこもボリュームはあるけど食材の種類が極端に少ないのが多くって「昔だと後1,2品付いていたな」と思う物が多い現状。

それでもこういう少量弁当は各社食材の種類が多くって美味しい物が多い為トイレへ立ち寄った際には売ってるかどうかチェックしています。

四国おにぎりセットという名前の少量弁当があったので張り切って買いました。

f:id:kuma-yome:20180720105648j:plain

若い人なら栄養バランスとか考えずに質より量でガンガン攻めの食事をすれば良いんでしょうが健康を考えると普段の何気ない食事はできるだけ量や質を考えていきたいですよね。

しかも阿波尾鶏使用なので地元食材ですしね。
車中泊中の全ての食事を飲食店で済ませてしまっては財布に優しく無いし年に何度も行く事が苦しくなってしまうので、地元スーパーやコンビニの地元食材使用弁当も活用して次につなげたいです。

以前九州車中泊で見かけたコンビニメニューに博多水炊きというのがあって肉野菜、タレががセットになっていて電子レンジで温めるだけの商品がって、一人前を買ってスーパーで地鶏と野菜を追加購入して老熊と仲良く分けて食べた事がありました。

コンビニの鍋セットでしたが十分美味しかったので予算に余裕のある時に何時かお店で食べようと思った事がありました。

何でもイキナリお店に行くのは味が好みに合わなかった場合勿体なさ過ぎるのでまずはお手軽価格の物からお試しをして好みにあったら本格的なお店に行くスタイルでも良いのではないかと思ったきっかけになった出来事でしたね。

それ以来コンビニのお弁当コーナーは地元食材が無いかチェックをかかせません。

味は勿論とっても美味しかったです。
大阪人だから西日本系の味付けがピッタリ来るのか微妙な味の料理には出くわしていません。

 

f:id:kuma-yome:20180720105657j:plain

 色んな地域へ車中泊へ行きますが、このような貼り紙を始めてみました。
昔ワイドショーでどこかの田舎の町では夜暗い間から町人総出で瓶の細かな分別をしていて色ごとに仕分けてリサイクルセンターへ出しているというのをやっていた事があって「あんな大変な所絶対住みたくないなー」と思ったものですが、地元を出て移住先探しの為短期間ですが数か所住んでみて感じたのはゴミの分別いい加減過ぎな地域が多かった事にビックリしました。

引っ越すと「ゴミの分別方法」について書かれてあるんですが、先に住んで居る人達が全く守っていなくってプラやペットボトルもそのまま普通ゴミで出していたりする事に驚きました。

kuma-yomeが地元に住んで居た当時に書かれてあった分別方法でゴミを出すと良く驚かれましたし、老熊からは「お前の趣味か」と言われてしまいます。

ごく普通の資源ごみ分別の仕方をしているダケなんですけどね。

自治体によって細かい分別方法が違うのであっているのかどうかは分かりませんしたが「多分こうかな?」くらいの感じで分別してゴミを捨てました。

ゴミ箱が一つしか無くって分別しようが無い時は仕方がありませんが、観光で立ち寄らせていただいている場合は「どうせ地元じゃないし」と思わずに何時までも美しく過ごし易い観光地でいて貰う為にも余分な手間や費用がかからないよう、こういった注意書きに協力して気持ちよく旅行を楽しめたら良いですね。

 

f:id:kuma-yome:20180720105706j:plain

最後に四国の方の幼子への愛情を感じるポスターを発見したので写真撮ってみました。

kuma-yomeが子育てをしていた頃って子供を連れて外出するのは結構大変で百貨店の場所を必ずチェックしていました。

その理由は百貨店には「ベビールーム」があり授乳ができるだけでなく離乳食その場でお皿に入れて出してくれるベビーレストラン的なスペースがあったり子供のちょっとした遊び場があり、トイレの個室内にベビーベッドがあったりして子育てに優しいスペースがそこにしか無かったからでした。

でも今と同じで当時も意地悪なオバちゃんってのは居て、トイレの個室が数か所開いているのにも関わらず寝ている子供を抱いてトイレの順番待ちをしているkuma-yomeの目の前でこちらをチラリと見て笑いながらベビーベッド付きの個室に入ったりされた事があり、そのおばちゃんが出て来るまで必死でトイレ我慢しながら他の人に先を譲ったりしたものです。

昔は今の様に親子で入れるトイレどころか身障者用トイレも殆ど普及していなかった時代だったので時々店員さんに抱っこして貰ってトイレに行く事もありました。

今はトイレの設備も充実して来て小さな子が居ても利用し易い形状のトイレやおむつ替えベッドや幼児用椅子のあるトイレも増えて来て子育て中のお母さんが日常の買い物や気分転換をする為の外出がし易い環境が増えて来ていますね。

子育て応援て一言で言うと簡単だけれど「じゃあ一体何をしてくれるの?」というと何して良いか分からないというのが本音なんじゃあないでしょうか。

店員さんも年齢に関わらず子供に慣れている人ばかりではないので、このポスターのようにくっつき虫特典として具体的にそのお店ができる具体的な応援方法が書いてあるのはとっても良いですよね。

いつも様々な問題で論じられて来ている卵が先か鶏が先かなんですが、kuma-yomeは自分が常に人に対して穏やかな心を持ち接し摩擦を防ぐ事で相手も自分に対して攻撃的にはならないと信じています。

これ見よがしに私頑張ってる!私大変!誰か助けてくれて当たり前でしょ!って感じのオーラ全開で回りをにらみつける事はありませんが、毎日一人で子供を抱っこして荷物を背負って上の子の手を引いて周囲の状況に合わせてベビーカーを担いだり押したりしていると、地下鉄に乗る時に黙ってベビーカーを車内へ引っ張り上げてくれたピアスだらけの少年や階段でベビーカーを運んでくれた青年が居て、その方々が居たからこそ今マタニティーマークを付けている女性や幼子を連れた母子にも優しい目で見守ってあげられるんだと思います。

人に優しくできない人は優しくされる資格がないとまでは言いませんが、一人人一人が穏やかな気持ちで日々暮らしていれば世の中の犯罪がぐっと減ったりするんじゃあないでしょうか。

九州の「食べ物余らせん隊」キャンペーンと同じく四国の「くっつき隊応援し隊」も素晴らしいキャンペーンだなと感動しました。

 

kuma-yome.hatenablog.com

 

自分のキャパを超えないよう最初から無理のない範囲で自分のできる事をできる範囲でし、相手にもできる事を明確にする。

中々できない事だなと改めて考えさせられました。

 

 

 

よかったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

広い四国(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180918092238j:plain

2か所めのミーティング会場へ向かっている間に珍しい物が多過ぎて色々写真をバシバシ撮りまくっておりますが、突然目の前に大きなものが飛んで来てビックリ。

四国ってこんなに低空で鳥が飛んで来るんですね。
この橋を通っている間何度か低空で鳥が横切って行ったので「免許取って無くって良かったぁー」と思いました。

去年の11月に大阪市浪速区で車を運転中にスーパーのレジ袋が右から飛んで来たという理由で歩道に停車してあったミニカーを吹き飛ばして街路樹をなぎ倒す事故があったのでまちっ子だと普通に無理なのかも知れませんね。

 

f:id:kuma-yome:20180918092255j:plain

目指せ、早期着手!!の文字がとても良く目立つエリアに突入。
昔四国と九州の人に聞いた事があるんですが、どちらの地域も地図上では直ぐ近くに見えても鉄道や道路が通っていなかったりして遠回りでとても不便だったりするエリアがあるらしいので道路は全て命の道なのかも知れませんね。

 

f:id:kuma-yome:20180918092318j:plain

目の前を走るキャンピングカーにくっついている小さな物がどう見ても猫に見えて仕方がないので隠し撮りして後から老熊に見せたら笑われました。

f:id:kuma-yome:20180918092329j:plain

四国へ来て初めて見ました。
お遍路さん看板四国ってお遍路さんのイメージが凄く強かったんですが、意外とこういう看板見なかったんですよね。

歩いてる人も昔ながらの恰好をしてる人は殆どいなくってサイクリングしながらだったり登山みたいな恰好してる人も多いですし。

でも短気で自分勝手な思いやりのない人ばっかりが車を運転していたら、お遍路さんなんて危なくってやってられないでしょうからこの看板は納得。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
にほんブログ村

白浜って四国にもあるんですね。(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180917202754j:plain

壁にボート?!が埋まっていてビックリしました。
その周りには治安の悪い場所にありがちな落書きに見える物が書いてありましたが、良く見ると魚が書いてあるので何かボートと関連があるのかも知れませんね。

f:id:kuma-yome:20180918091146j:plain

 

f:id:kuma-yome:20180917202807j:plain

天気が良いからか四国の道を車で走っているとバイクや自転車を良く見かけます。
バイクは普通に見ていて安心感があるんですが、自転車に乗ってる人は結構ヘバッテいてフラフラしている人も居るので突然こちらに倒れて来やしないかとみていてヒヤヒヤしてしまいます。

 

f:id:kuma-yome:20180918091509j:plain

「フラフ」の可愛い版がもあるようです。
あの大きくて立派なのは確かにカッコいいですけど誰もが帰るものでは無さそうですものね。

こういう小さくって可愛いのもありだと思います。
ようは心がこもっていれば良いんですもの。

f:id:kuma-yome:20180918091527j:plain

人の多い駐車場わきを通過。
サーフィンっていうと江の島って所が有名らしくって良くテレビで紹介されていますが、西日本だとこの辺りが有名なんでしょうか?

確かkuma-yomeが高校の頃はサーファーが雷に打たれて死亡する事故が結構あった記憶があって先生が良く注意してたんですが、台風とかになると張り切って和歌山へ行ってるクラスの子が居て冷めた目で見てしまっていましたが、何事も熱中し過ぎはいけないという事なのか、危険な日にあえて行く人は稀だったのかは周りにサーフィンをする人がいないのでいまだに分かりません。

f:id:kuma-yome:20180917202848j:plain

良く日本海側は海が綺麗だと聞きますが、四国も結構綺麗ですよね。
旅行好きの人は沖縄だとか北海道だとかの海が綺麗だとかって熱弁されますが、体の弱いkuma-yome的には隣の町までの距離があり過ぎたり、道中何かあった時に誰かに発見される可能性の極めて低いルートやキチンとした病院の無さそうな地域に行くのは不安なので陸続きが安心なんですが、四国や九州も素敵だなと思いました。

地図上では直ぐに見えるのにこんなに素敵な景色が見えるんですから関西人で良かったなと思う瞬間ですね。

f:id:kuma-yome:20180917202857j:plain

道路沿いに白浜海水浴場という看板を発見。
白浜と言えば子供の頃良くCMで見た「南紀白浜ワールドサファリ」を思い出すんですが、四国にも「白浜」ってあるんですね。

白浜と聞いて思い出す歌があって時々それを歌うのですが、老熊にはいつも「白樺や!」と怒られてしまいます。

世代的に殆ど知らない歌なので漢字6文字分しか歌詞を知らないんですが、出だしの漢字2文字分が既に間違って覚えていたようでした。

kuma-yomeは全く泳げないので「海なんてどこまで流されるか分からない不安な場所では絶対に泳げないだろうな」といつも怖くて近寄れません。

子供が小さい時は人で混雑している海水浴場へ行った事が一度あったんですが、買ったばかりのシャチが風に乗って水面を滑るように走って行って遊泳エリアの浮きで囲ってあるエリアを飛び越えて猛スピードで逃げて行ってしまって、すぐ外で水上バイクに乗っていたお兄さんが取ろうとして2人くらい次々と転倒して水上バイクが元に戻らないという光景を見てやっぱり海には近寄らないでおこうと心に誓いましたしね。

やっぱり海と言えば壁で囲まれた南港海水遊泳場が安全安心だったんですけどあれっていつの間にか無くなってしまって泳げない人でも安心な海水浴場が無くなってしまいました。

老熊は泳げるらしいんですが、見た事がないしあまり海には興味無さそうなのでますます行く事は無さそう。

もうお爺ちゃんだからイザって時に助けてはもらえなさそうですし、人が多い場所で水に入るのって結構不衛生だし健康的にも心配になりますしね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
にほんブログ村

はいったらいかんきね(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180720105407j:plain

何だか分からないけれど通行止めになっている場所がありました。
よく見ると「はいったらいかんきね」と書いてあります。

良く昔から言われているのが「方言の衰退」ですが、四国の方に聞いても「若い人が方言を使わなくなって来ている」と言います。

大阪市では30年くらい前から既に方言を使うとバカにされる傾向がありました。
親戚の半分が大阪市民でそちら側の従妹やおじさんおばさんも生まれも育ちも大阪市民だった為、古い大阪弁を理解し使っていました。

高校へ入学する迄は両親または片方の親が地方人という人と会った事が無かった為それ標準語で何て言うの?と聞かれても「ん~何て言うんやろね分からん」と答えるしかなかったので標準語のわかる子に聞いたりして答えていました。

でも高校へ行くと担任や部活の顧問から「大阪弁禁止」を言い渡され「私」と言う練習を何度もさせられた事がありましたが、「私」って言葉の流れの中で自然といません。

どんなに練習しても「あーっし」「あたし」「わーっし」としか聞こえません。
kuma-yomeは辛うじて「あたし」程度は言えましたが部活の先輩は「あーっし」になって余計に怒られていました。

社会人になって高校時代の友人が開いた飲み会へ参加すると、その友人から「大阪弁使ってるってダッサー」と言われて大阪人が大阪弁使わんかったら誰が使う!と内心ムカついた事がありましたが、お笑い芸人が若干人気になると標準語アクセントで必死に大阪弁風な話し方をしていたので「可哀そうに」と思った記憶があります。

kuma-yomeは無理に大阪弁を押し通そうという気は無いし、移住組に無理やり大阪弁や大阪のノリを強要しようという気もありませんが、今一つ意味やアクセントの分からない東京弁を使って上手く話が伝わらなかったり話の内容が誤解されたりするのが嫌なので、なるべく通じる程度の方言レベルで話しているだけです。

そういう心がけをしても非難される方言ですが、ここ四国に至っては大切にしようという動きがあるようで看板に方言が書かれています。

f:id:kuma-yome:20180720105416j:plain

車中泊等でいろんな地域へ行きますが、土産物売り場にはアニメキャラやキティーちゃん等があふれていて「ここはどこ?!」的な現象が多く目立ちお土産品もどこも似たり寄ったりな物が多かったりして「現地へ行く意味があるのか?」的な感じになって来ています。

物産展やスーパーの駅弁大会で十分感が出て来てしまってるんですよね。
でも車で町を流していて方言が書かれた看板があると「ああ、ここは〇〇県なんだな」と認識する事ができるし、県名を認識した前後に印象に残るスポットがあった場合検索し易いし次へつなげ易いですよね。

 

f:id:kuma-yome:20180720105429j:plain

なんだかアニメ風イラストの「まんぼう看板」を発見。
実物のまんぼうってパッと頭に浮かんで来ない魚なんですが(基本魚は切り身で売ってるのしか殆ど見た事が無い為)バンダナ巻いたまんぼうが可愛いですね。

まんぼうをどうするんやろう?と良く見て見ると、どうやら食べるっぽいです。

老熊は仕事や旅行で色んな料理を食べた事があるので「これ食べるんやって」と不思議そうに話すと毎回「それ美味いで」と味や食感等を説明してくれたりします。

今まで聞いた食材や料理で「知らん食べた事ないわ」というのは殆ど無かったですね。

郷土料理って高級なイメージがあるので食べる機会は無さそうですが、色んな料理があるのだなと実感しました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

鯨館のある町(5月4日)

このブログは遅れて記事を書いております。
5月4日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20180720104853j:plain

四国はとっても広いらしく中々次の目的地へ到着しません。
老熊はいつも「運転慣れてるからな」と言って休憩なしで何時間も運転を一人でこなします。

もうお爺ちゃんになって来ているのだからそろそろ集中力の持続が難しいお年頃になっても良い筈なんですけどね。

kuma-yomeはというとずっと膝を90℃に曲げたままだったり真っ直ぐ伸ばしたままだったりするのは足に悪いので膝を曲げる角度がちょこちょこ変えられるように足元の台で調節しながら窓から見える景色を写真に収めます。

初日に「南国」という看板を見かけましたがホント四国は広くって自然豊かで花が咲き乱れてて素晴らしい所ですね。

沖縄には行った事が無いのでkuma-yomeにとっての南国は四国という事になりそう。

九州は街中ばかり行っていて自然豊かな田舎感のある場所は少ししか行ってないのであまり南国感はありません。

車が故障してレッカー移動された日は「もーもーランド」へ向かっていたんです。

ネットで調べると福岡市にある牧場で牛乳が飲めたりしたらしく(現在は無し)大都会福岡市に牧場?!という衝撃で行きたかったんですが救急隊員のお爺ちゃんに「どこ行とーと?」と聞かれた時に「昨日は道の駅 みはらで泊まりました。」と答えると「みはら?」と三原を知らない感じだったのですが、若い隊員の方が「あそこですよ多分。広島」と言った後「どこ行よーとと?」と聞かれたので「これからもーもー牧場へ行くところでした。」と答えると若干クスっと笑われた感のあった「もーもーランド」ひょっとして地元で観光客が行く場所では無くさびれた感のある場所なんでしょうか?

九州も夏は暑くって牧場があったり、道路脇に牛が柵も無く放し飼いにされてたり猪が檻に入れて飼われてたりする地域もありましたが、街中へ行く事が多かったのでやっぱり四国の方が南国感があるなと思います。

f:id:kuma-yome:20180720104907j:plain

何かは分からないけど果樹があるエリアを通過。
kuma-yomeは袋を付ける果物を桃、りんご、梨くらいしか知らないので「ひょっとして梨?!」とワクワクしてしまいましたが、真相は分からないままとなりました。

f:id:kuma-yome:20180720105029j:plain

鯨館を発見。
大阪人としては凄く気になります。
捕鯨禁止になる前の大阪はクジラを良く食べました。
高級品ではなくごく当たり前の食材でハリハリ鍋はkuma-yomeも大好きで現在一般的な鍋料理よりも良く食べていたし、嬉しかったですね。

最近は豚や鶏なんかで出すお店が増えているらしいですが、やっぱり味が全然違うので昔の味を知っている世代としては想像するだけで不味さが伝わって来そうなので食べるのは無理な料理となってしまいました。

そんな事を言っていると反捕鯨の方に怒られそうですが、大阪が誇る伝統芸能である文楽の人形の操作に欠かせない部材だったらしく反捕鯨が始まった頃は伝統芸能が廃れてしまうと少し騒ぎになりました。今はどうかは分かりませんが、当時は代替え品で適切な素材がなく、適切な素材が見つからないままの捕鯨ストップの為修理ができなくなるのではないか?と言われていました。

それが捕鯨推進派の嘘なのか事実なのかは当時のkuma-yomeには分かりませんでしたし、今でも分かりませんが大阪市愛の強い身としては「一大事なのでは?!」と思っていた記憶があります。

この鯨館がどのような展示を行っていて、この地域と鯨の歴史や繋がりがどの程度なのかサッパリ分かりませんが「ネットの観光PRサイトだけでは分からない様々な施設が沢山あるのだろうな」と考えさせられました。

最近では時々鯨肉や鯨ベーコンを売っているスーパーや魚屋さんを見つけますが、やっぱりハリハリをする程の量は無いし味も落ちていますね。

行く機会があれば立ち寄ってみたい場所として「鯨館」を心にとめておこうと記事を書いてみました。

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村