野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

結構遠くまで電車でお出かけ。(5月30日)

私鉄やjRに慣れていないkuma-yomeですが、頑張って老熊の仕事先間でやってきました。
ここもそこそこの田舎っぽくってお店や家なんかが少なく、花や木に溢れています。

f:id:kuma-yome:20170611214420j:plain

道端に咲いている珍しい白い花。
雑草なのか名のある花なのか全く分かりませんが、とっても綺麗ですよね。
どこへ行っても地元の人っぽい人達は素通りしてますけど、kuma-yomeには一つ一つの草花が珍しいのでついつい足を止めてしまいがちになります。

f:id:kuma-yome:20170611214436j:plain

駅から老熊のいる場所までそんなに距離はないんですけどね。
次々と珍しい花が咲いています。

f:id:kuma-yome:20170611214452j:plain

白いボワボワした花。
ススキ以外にこんなボワボワしたのがあるのを初めて知りました。
駅からの距離は大した事が無いとはいえ、暑い季節の長時間外出は心臓に響きます。

普通の人だと一気に歩ききる距離でも休憩しないと行けません。
時間も倍かかったりしちゃいますしね。

 

でも道端に色々な花木があると少し気が紛れてしんどくっても少し頑張れます。本当にしんどい時はどんなに気を紛らわせようとしても胸が痛いのはどうしようもないですけど。



良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

突然の外出 (5月30日)

留守が多い老熊。
長期間家を開ける時はいつも出張中の分の食費をくれるのですが、今朝忘れて外出されてしまいました。
今回は忙しくって出張前の買い出しにも連れて行って貰ってないので、食費が無かったらご飯が食べられません。

それどころか翌日に帰省の予定が入っていたので大ピンチ。
慌てて老熊にLINEをすると「取りに来るか?!」と言われたので朝から急いで外出するハメに。

緊急時用として2枚目のICOCAを貰っていたので片道分の交通費はそのICOCAと普段使いのICOCAでなんとか足りそう。

f:id:kuma-yome:20170611212716j:plain

 近所の減農栽培の農家さんが謎の農作物を育ててます。
なんの花なのか分かりませんがとっても綺麗なので暑い中の外出も癒されます。

 

f:id:kuma-yome:20170611212742j:plain

どんどん駅に向かって歩いていたら何だか不気味な色の花?葉?のついた木を発見。めちゃくちゃ不気味で怖いんですが、地元の人はどんなに綺麗な花がさいていても、みんな見向きもしません。

kuma-yomeにとってはどんな花でも珍しいし綺麗なんですけどね。
「雨上がりに水や土、草の匂いがしてめっちゃ凄い。」と話しても地元の人には分から無い匂いみたいですし。ずっとあるって言う事はある意味不幸なのかもしれませんね。

町中にあるって事が素晴らしい事であっても全く気がつけないんですから。

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

ミーティング帰路〜四日市トンテキ(5月28日)

三重県に住んでいる方が教えてくれたトンテキ屋さんは、カナリ苦労して見つけたのに長蛇の列だったので諦めて以前行ったお店へ進路変更。

f:id:kuma-yome:20170611231509j:plain

初めて四日市トンテキを食べに来た時に検索順位の上から電話したり行ったりしたんですが、全部定休日等で閉まっていてやっとの思いで辿り着いたお店でした。

見覚えのある超ハイテンションなうさぎが見守ってくれています。

 

f:id:kuma-yome:20170611231526j:plain

超ハイテンションなうさぎが居る辺りは町っぽい感じがあったんですが、少し走ると辺り一面茶色い風景。
何が植えられているのか分かりませんが、お米以外にもこんな風景になったりする事があるんですね。

f:id:kuma-yome:20170611231542j:plain

やっとの思いで食べる事ができたトンテキ。
ランチだとめちゃくちゃお得なんですが、夕方なので普通の定食にしました。
老熊はラーメンにしてちょくちょくトンテキをつまんでいます。

超有名店を先に食べていて後から食べたお店が美味しくなかったら激しくガッカリするんでしょうが、kuma-yomeはここのトンテキしか食べた事が無いので安心して食べられます。

f:id:kuma-yome:20170611231554j:plain

最初の予定より随分と時間がかかったので、外が暗くなってきています。
帰りを急ぐために高速道路の入り口へ。

f:id:kuma-yome:20170611231715j:plain

Androidでの片手撮影限界時間になってしまった為、ぼんやりとしか写っていませんが、こちらも高速道路の工事中。
気が付いて直ぐにカメラを構えましたが、入り口を入ってワリと直ぐなので加速中なのにもかかわらず、この時間でこれだけ撮れたら良い方かな?!と思ったり。

 

帰ったら何もせずに寝てしまいたいですね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

ミーティング帰路〜四日市(5月28日)

道路脇の看板にジャスコの文字を発見。以前車中泊で出かけた場所でも同じ名前を見たんですが、地元独特のスーパー?!かと思ってググってみたものの見当たらず、老熊に聞くと「いつの話しや!今はAEONや。」と言われてしまいました。

そういえばAEONってワリと最近聞く名前ですからその前身のスーパーがあっても可笑しくないですよね。

f:id:kuma-yome:20170611231400j:plain

ミーティングで出会った三重県在住の方から聞いた四日市トンテキならここ!」と言われた店を探しながら帰っているのですが中々見当たらず、ナビも時折迷走しながらドンドン進みます。

f:id:kuma-yome:20170611231416j:plain

お腹が空いてきて我慢ができないので休憩がでらコンビニへ立ち寄りました。
重機を積んだとっても大きなトラックも休憩しています。中々このサイズって見る事が無いので大迫力です。

f:id:kuma-yome:20170611231434j:plain

昔よく買っていた500ml+150mlがここのセブンでも売っていました。
売ってない店もありますが、セブンでは高確率でこのサイズがお買い得価格で置いてあるのでのどが渇いた時等はこれを真っ先に探しに行きます。

車中泊移動の時などはトイレ休憩も兼ねているので先に立ち寄ったお店で買ったペットボトルの空き容器に缶飲料を移し替えて貰ったりして使うのでフタが無くっても平気ですしね。

炭酸飲料なのでお腹が空いているのも少しはマシになるし安くって量がたっぷりなので一息つけました。

初めて行く場所なので後どれくらいなのかは分かりませんが、お腹が空きすぎて目が回らない程度の時間について欲しいですね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

ミーティング帰路 〜伊吹山とか玉子の無人販売所とか(滋賀県)5月28日

ずーっとバイクに乗っていて気がつけばそこは滋賀県

 

f:id:kuma-yome:20170611231027j:plain

滋賀県って何度も来ていますが、同じような場所ばかり通っているせいかこんな所に城址があるなんて知りませんでした。お城の名前は全く記憶になかったんですが、Wikipediaによると浅井長政お市の方の悲劇の舞台として有名なお城だったそうです。

ちなみに昔は浅井長政の事を(あさいながまさ)と時代劇なんかで良く言っていたと記憶にあるのですが、最近の時代劇を見ていると(あざいながまさ)と言っているので違和感バリバリです。

結局どっちが正しいの?!と思ってしまうわけですが、この近くの道の駅でも(あざいながまさ)と書いていたので最近の言い方が正しいんでしょうね。

歴史系は後の研究や発掘で色々変わってしまって、テストをしたら赤点だらけになりそうな気がします。

 

f:id:kuma-yome:20170611231120j:plain

しばらく行くとやたらと伊吹山おしな場所へ到着。走っても走っても出てくる看板は「伊吹山」の文字が入っていて、道の駅まで伊吹の里。

どうやら有名なやまっぽいですね。

伊吹山といえば確かヤマノススメのスタンプラリーの場所だったような?!kuma-yomeスタンプラリーって大好きなんですが、老熊はスタンプラリーのポイントがある全ての山を知っているので、事細かく説明してくれましたが、ある程度登らないとダメな山だったりケーブルカー?に乗らないといけなかったりして断念。

kuma-yomeは平地仕様車ですから坂道とかデコボコ道とか歩けません。
今住んでいる町のアスファルトは平な場所が少なく、歩道も道路も急な傾斜がついていたり割れていたり、くぼんでいたり、木の根っこで盛り上がっていたりするので、よく足の裏がひっかかります。

周りの人が平気で歩いていても突然足の裏がひっかかってコケそうになるので不思議な顔をされちゃうので、とても山にはいけません。

 

 

f:id:kuma-yome:20170611231255j:plain

しばらく行くと崩落の為トンネル通行止めの文字が出ています。
位置関係とか全く分らないので、このトンネルが今居る場所に近いのか全然違う場所なのかさっぱり分かりませんがkuma-yomeの人生であまり見た事のない表示にビックリ。

老熊は全然平気で「そういえば、そんなん書いてあったな。」

程度の反応でした。

田舎の方では崩落とか普通に多いんでしょうか?超絶不運な人間なので自分で運転してたらピンポイントで来そうな気がしてたまりません。

f:id:kuma-yome:20170611231310j:plain

道路脇にポツンとにわとり発見。
どうやら玉子を売っているようなんですが、みんなちゃんとお金を払ってくれるんでしょうか?それよりも気になるのは「ここって玉子売れるん?!」って事と直射日光バリバリになって腐ったりせぇへんの?って事です。

毎日売っているのか、決められた日のみ売っているのかさっぱり分かりませんが玉子の無人販売所なんて初めて見たので記念に撮影。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

5月28日徳山ダム到着

徳山ダムへ着くと、めちゃくちゃバイクが多かったです。
疲れたのか整備されて綺麗に植えられた木の下で寝そべって喋っている若い人も居ました。 

プロテクターをバッチリ着込んだその下に、スキー用のダウンを着てバイクから降りるkuma-yomeはちょっとびっくりされた感がありました。

 

f:id:kuma-yome:20170611225121j:plain

先に止めていたバイクを何気なく見たら自転車のスタンドみたいなやつが付いているバイクを発見。老熊に聞いても知らなかったので一般的な部品では無いっぽい?!

持ち主さんが居なかったのでこっそり記念に撮影。自転車のスタンドで地面に着く部分が広くなってるやつって子供の後ろ乗せを付けていると自転車を止める時楽なんですよね。

力の弱いお母さんにオススメ!って自転車屋さんが言ってましたが、いっぱい買い物をした時なんかも止め易いし安定感がめちゃくちゃ良いので風が吹いても倒れ難いので、倒れてたら誰か倒して逃げたな!って直ぐに分かります。バイクの自転車のスタンドっぽい物は一体何の意味がわるんでしょうか?気になりますね。

 

f:id:kuma-yome:20170611225133j:plain

ダムってもっと汚くってヤバそうなイメージがありましたが、めちゃくちゃ綺麗でお洒落な感じ。
今まで何箇所かダムに連れて行ってもらいましたが、どこも汚い色の水に汚い物体が浮いていて赤潮の色違い?!みたいなのがいっぱいでした。

バイクの人が圧倒的に多かったですが、車で来る家族連れなんかもいて、ダムが見渡せる展望台っぽい物もあって観光地っぽい感じで良かったです。

f:id:kuma-yome:20170611225146j:plain

 

周辺を散策しているとダムカードあります。希望の方は事務所までみたいな事が書いてある看板を見つけたので、トイレへ行った後に行ってみると無料でした。

職員の人が「どこからですか?何人ですか?」と聞きながらメモをしていたのでどこからの観光客が多いかの統計を取っているのかもしれませんね。

職員の方はメモを取った後に「今の時間は良いけど夜は注意してね。バイクが多いから対向車に体がぶつかるんだよね。」

って感じで話してくれたので思わず「クビちょっぱ」を想像してしまいました。

もうすぐ道路が繋がって便利が良くなるって話してくれたのですが、県名を言われてもそれが凄い事なのかどうかさっぱり分かりません。

 

ミーティングで仲良く話してくれた人が勧めてくれた徳山ダムはとってもお洒落で綺麗な場所で、職員さんも優しい感じでした。

時間の有る人だと事務所入ってすぐ目の前のカウンターでダムカードを受け取った後に少し右前方に見えた展示物っぽい所でパネルを見ながら涼むのも良いかもしれません。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

5月28日 徳山ダムへ

ミーティングで仲良くお話ししてくれた方が勧めてくれた徳山ダム

結構綺麗な道路なんですが、あまり車通が無い道が続きます。

f:id:kuma-yome:20170611224954j:plain

「ホンマにこっちなん?」と思ってしまうくらい人の気配も車通りも少なくって不安になって来てしまいます。

f:id:kuma-yome:20170611225017j:plain

途中の道で「全面通行止め」があったり、撮影には失敗したものの柵でふさがれたトンネルがあったりして「通っても大丈夫なん?!」と思ってしまう道が続きます。

結構くねくねした道が続くのでたまに反対車線に車が走っていると「首ちょっぱされそうや」と想像してしまい、動いてはいけないと思いつつも体をすくめてしまいます。

 

運転してる本人は強く無いんですかね?!車に乗っていてもバイクの後ろに乗っていても「ぶつかりそう、怖い。」と言うと、いつも「大丈夫や。お前は免許が無いから距離感が分からんのや。」と言われて終わり。

 

車の場合は左から合流して来る車が怖くって、思いっきりバックミラーの辺りを凝視しながら今にも叫びそうな顔だし、バイクはバイクで反対車線側に体を倒されると「トラックがぁああ!普通車がぁああ!バイクがぁあ!」と、思わず体をすくめてしまいます。

 

今回のミーティングへ行く途中にすれ違った車はすれ違う瞬間に全開で開けていた窓から少し身を乗り出すようにしながら下を見てくれていたので、バイクがかすらないように注意してくれていたんでしょうか?

そういう運転って「親切な人なのかな?」と無免許の身では思ってしまうわけですが、免許を持っている人からするとどうなんでしょう?

しっかり前を見ていないと飛び出してきた野生動物を瞬時に避ける事ができなさそうだし、落石とか折れた大きな枝とかが突然前にあった場合対処できなさそうだし、と心配になってしまいます。

最近の女性は教習所で甘やかされている人が多いらしく、昔は良く聞いた「女だから教官が怖い。」なんて事も全く聞かなくなったので、昔に比べて運転が下手な女性が増えて来ましたが、そういう下手な人って元々能力的に無理なのかkuma-yomeみたいに距離感が全く分かって居ない人だったりするんでしょうね。

通行止めのコーンにジワジワぶつける人が居たり、駐車場から出るのにカーブミラーや標識、車止め用ポールに思いっきり激突して凄い音だしてる人も居ますしね。

kuma-yomeはビビりなのでできれば目撃者にはなりたく無い人なんですが、結構交通事故や物損事故の現場を目撃してしまいます。その度に誰か他の人が駆け寄るのを確認しながらそっと通り過ぎます。

 

言葉がなまりすぎてるので大阪市内に住んでいたのに、ネイティブな大阪人しか聞き取れないらしく、会話がうまく通じ無かったり失笑される事が多かったですしね。

大阪市に住んでいて大阪弁なまりがキツイからって失笑される意味が分かりませんでしたが、傷つくくらい容赦無い失笑が飛んで来るのでなるべく知らない人とはあまり喋りたく無いってのが本音なので、できれば目撃証言とか他の人にやってもらいたいです。

幸いにも今まで事故の瞬間を何度も見て来ましたが、自分しか目撃者が居ない状況には遭遇した事が無いのでその場を立ち去れてます。

超絶ビビりなので人が飛んだり、車が横転したりなんて瞬間は見たくは無いんですけど。
今の所運が良いなと思う瞬間は地下鉄の人身事故が一番離れたホームで起こった事ですね。駅のホームに着いた瞬間に「人身事故がその駅であった」事は2、3度あったんですが、一番遠いホームだったので電車が止まるアナウンスと駅員さんが数人線路へ降りてタンカを下ろしている位のところだけなので、その点では運が良いんだと思います。

この徳山ダムへ続く道は何故あちこち通行止めなのかとっても気になりますが、「死なば諸共」と良く老熊が言っているので、事故った時は一緒に死ぬんだろうなって感じですかね。

だって少し前から運転中の突然死だとかが増えて来ているのにkuma-yomeは「倒れたバイクが起こせ無い、車のブレーキの位置が分らない」ので、突然老熊が死んだ場合、バイクだと誰かが通りかかるまで下敷きのまま。

車だと暴走してる車内で恐怖におののきながらどこかにぶつかるまで見続けなくてはいけないですしね。

一度そういう事故が続いた時、2、3度夢にみまして「ブレーキどこぉおお!」とパニックになっておりました。

夢から覚めた後も「アクセル踏んだまま老熊が死んだ場合、ブレーキてのを押したら止まるんかな?それとも止まらんのかな?」と悩んでいました。

運転席横のガッチャンレバーを下にしたら止まるって事は知ってるんですが、多分足で踏むブレーキもあるっぽいのでブレーキは教えて貰った方が良いのかな?と思たり。

昔から時々あった事故で、バスの運転手が突然死で乗客がパニックになる中、大型の免許を持っている乗客がブレーキを踏んだり、他の人達に協力を求めながらすうう人がかりで手でブレーキを押して助かった。なんてのがあったので、覚えておいた方が良いのかもしれませんが、老熊は何度かそういう話をしても笑って教えてくれないので本当に道連れにしたいっぽいです。

 

ヒヤヒヤドキドキ徳山ダムへの道は、後ろでそんな想像をしつつ「こっちでおおてるんかな?」という老熊の言葉を聞きながら進みます。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村