読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

バスに乗って後悔

移住してから自転車移動が辛いkuma-yome。
以前移住に失敗した地域で民間バスに乗ったところ色々と大変だったので乗らないよう心がけています。

 

 

1、Suicaは使えないという事や使えないカードの種類とエラー表示について運転手さんが知らないので予め使えるカードをネットか電話で調べておかなくてはならない。(様々なカードが使えるとバス車体外側に書いてあるが使えないカードの表示は無し)

2、現金の場合は整理券というのを取らないといけない。

3、自分の料金が幾らになるのか何度も運転席近くの表示板を見ておかなくてはいけない。

4、お金を払う時は小銭を大量に用意をしておかなければならず、丁度の金額しか投入口に入れてはいけない。

5、まだバスが来ていないのか、早めについて行ってしまったのかの案内がないので分からない。

 

それらの理由から民間バスを使う事にためらいを持ってしまったkuma-yome。
数十年前から市バスではお札を投入すればお釣りがちゃんと返ってくるし、2人以上の場合は運転手さんに言うとスイッチを押してくれるのでまとめて複数人分の料金が払えて便利だったし、出発場所から終点まで料金は一律だったので安心して乗れるし、回数カードはおまけ金額があったのでICOCA等のカードは使用した事がありませんでした。

大人用3000円分のカードを買えば300円プラスされていたし、ノーマイカーデーや1dayフリーチケット等お得な乗り方がたくさんあるし。

乗ってる人達は良い人も結構いるんですが、治安悪いエリアを全く知らないのでそこを通過するバスに乗って時々怖い思いをしてしまうので、普段通りバスを待っている時間はイヤホンをして PSP でゲーム。乗車後はイヤホンをして窓の外を食い入るように見ていますが、それでも声をかけられてしまいます。

先日は2年前に大阪市から移住してきたと自慢げに語る人に話しかけられまして「ああ、うちもですよ?」と言うと、普通ならそこで懐かしい場所話とか、市民あるある的な話になると思っていたらまさかの大阪市ディスり攻撃。」出身地をディスるって行為が恥ずかしい事だと何故気が付かないのかとても不思議に思うと当時に不快感を感じてしまいます。

大阪市の水道水が泥臭くって飲めない」と真っ先に言われましたが、大阪市民なら当然知ってると思っていた話題の水道水「なにわ育ちのおいしい水ほんまや」というのが売られていたくらい大阪市の水道水は味が向上していたという事を知らない事に驚きました。

2007年3月〜2012年3月まで販売されていた商品で、記憶が確かなら通天閣のお土産物売り場や道頓堀のお土産店でも売っていたと思います。

国の水質基準を高いレベルでクリアした事をうたっていて2009年に販売本数が21万本、2012年1月で累計132万本を販売していて、2011年にモンドセレクション金賞を受賞。自治体が製造・販売する飲料水では史上初の同賞受賞だったと話題になっていました。

その後「ええやん」が期間限定で2015年に販売されていたという事から考えても「大阪の水が不味い」とはとても言えない状況になっています。

kuma-yomeは三代以上も大阪市民なので体に染み付いた味覚だからか昔の水も不味いとは特に思わなかったんですが、友人宅や親戚の家に行った時に飲んだ山地域の水はめっちゃ美味しくって冷たいと感動したのを覚えています。

「ほんまや」はニュースで話題になったし市内の色んな場所で売っていたので市民なら見かけた事があったりする筈なんですけどねぇ。めちゃくちゃ目立つパッケージでしたし。。

その次に言われた「ガチャガチャしてうるさい」というのも別に気になった事は無くって、マトモな住宅街は普通に静かだしキタ、ミナミ、鶴橋、京橋等の昔から発展している繁華街はうるさくって当たり前だし。

サラリーマンが会社帰りに飲みに行くような繁華街が静かすぎるってもう死んだ街って感じがして気持ち悪いと思うんですけどね。

その人の話を聞いているとまるでテレビの受け売りなんじゃあ?!

と思えて仕方がないくらい地方人が陥り易い「間違いだらけの大阪市知識」的な内容でウンザリしました。

 

今住んでいる場所が気に入ってるのは良い事なので、kuma-yomeのような移住者が増えてきて、環境的な満足度がそこそこ高かったりする地域なんですが出身地をディスる人は好きにはなれません。違った知識で喧嘩を売ってくる人に対して一々応戦する気はありませんが、出身者だと偽ってまで嘘を広めるのだけはやめて欲しいですね。

水なんてその建物の水道管や設備が古いと体に良くない物質が一緒に流れていて味に影響が出たりもあると以前テレビ番組でやっていたので、築数十年も経った一軒家でリフォームを全くしていなかったり道路に埋まっている部分の家から水道管の間にある私有扱いの部分を新しいのに交換していなかったりマンションが定期的に貯水タンクや水道管を手入れしていないと、どのような地域の水であっても不味くって泥臭い水にはなると思いますが。

以前飲んだ水で新築一軒家なのに「腐ってない?!」と思ってしまうくらい生ぬるくって臭い水道水を飲んだ事があったので、そういう地域の水道水は本当に不味いと言って良いと思うんですけど。

その後その人は今住んでいる地域の話題ですら的外れな事ばかり言って来ていたので、途中から軽く話を合わせる程度に流すと話しかけてくる回数が減ってきてホッとしていたら突然「あなたの降りる停留所過ぎましたよ?」といってきたのでとても焦りました。

コミュニティーバスのルートは全てでは無いものの位置関係は何となく分かっているので3/1  も過ぎていないまだ遠い場所なのに「もうとっくに過ぎた」と言われると慣れていない路線だったら確実に降りていましたね。

何度も「まだまだ全然ですよ。終点に近いですからね。」と言ってもシツコク言ってくるので、仕方なく窓の外を見ながら音楽を聴いていましたが、「あれ?!まだ?もう過ぎたと思ったけど。」

としばらくシツコク言って来ていたので熱中症対策で楽をする為に乗ったのに余計に疲れてしまいました。

発音も違っていたので、恐らく短期間だけ住んでいて大阪市の悪口を色んな人に言って回ってるのかな?と思うと益々大阪市のイメージが誤解されてしまいそうで憂鬱な気分になりました。

何故か大阪府の他市から嫌われてるっぽい発言をされたり、テレビで嘘を広められたりするので正しい大阪市イメージが広がる事って無いのかな?と悲しくなりました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

謎の鳥 (5月10日)

1、2ヶ月前?!くらいから鳥の鳴き声が良く聞こえてきます。
朝はあまり聞こえて来ないのですが、昼過ぎ〜日暮れぐらいにかけてよく聞こえて来てとてもきになるのに周囲の人は誰も気止めようともしません。一人だけキョロキョロしたり気になっていると精神のおかしい人と勘違いされてしまうので、何か不思議な鳴き声が聞こえて来ても誰にも聞けず一人気持ち悪い思いをするばかり。

元々鳥の鳴き声なんて聞き慣れていないし、その鳥が珍しいのかどうかも分かりませんが、大阪市内で虫や鳥の鳴き声なんて聞く機会は殆ど無かったですしね。

逆に地方の人からすると天保山で様々な船が行き交う姿や音なんかは珍しいと感じるかもしれないし、住之江競艇の音がナイター営業の日は徒歩10分以上離れた場所まで聞こえて来る事があるなんて知らないだろうからびっくりする人も居るかもしれませんしね。

 

その街の匂いや音、風景なんて当たり前だと思っていても地方の人からすると物珍しかったりするのは当然の事なんですけどね。

周囲の人には何度も「一生大阪市から出ないと思われていたくらい地元限定の生活をしていた」話はしているので、色々教えてもらいたいんですが、虫の声が聞こえたり、鳥の声が聞こえた時に名前を聞くのは許されないんだと思ったら気分が憂鬱になります。

言葉が違えば当然生活習慣も違いますし、見てきた風景も違います。全てにおいて偉そうにされるのもするのも好きではありませんが、得体の知れない音が毎日昼夜聞こえて来るという気味の悪い状況を脱して安心出来る為にも「あれは虫(鳥)の鳴き声だよ」と教わると安心出来るんですけどね。

以前移住に失敗した所では夜道を歩いているとぐおぉおおお〜ぐおぉおおお〜と「おっさんのうめき声」みたいなのがイヤホンで音楽を聴いていても聞こえて来て、めちゃくちゃ強くって泣きそうになったんですが、いろんな人に聞いてみると「しょっくん」という生き物だと教えてもらいました。

襲われる事は無いっぽいので毎日恐怖に耐えながら歩いていたのを思い出します。


f:id:kuma-yome:20170524081907j:image

たまたま出かけた場所で、また謎の鳴き声が聞こえてきたので周囲を見渡してみたら鳥が結構飛んでいました。
結構動きが早いので一生懸命Androidで写真を撮ろうとするものの、うまく撮れません。

田んぼに着地すると保護色っぽくなってしまってどこに居るのかも判別できないですし。
f:id:kuma-yome:20170524081916j:image

時間をかけてやっと撮れたのがこの写真。
結構対空で飛んでいますが、鳥によってはかなりの高さへ飛んでいるのもいたりするので飛ぶ力は結構強いのかもしれません。
着地している時は田んぼのどこに居るのか分からなくなってしまうのに飛ぶと真っ白な羽根で先が黒いので珍しい鳥なんでしょうか?

謎の鳴き声の鳥は名前がまだ分からないものの姿が確認できたのでとりあえずは一安心です。飛んでいる姿を結構長い時間見ていても襲ってくる様子がなかったし、近くで農作業をしている人も警戒していなかったので恐らく害鳥の類でも無いのかな?と思いました。

毎日カメラを持ち出して至る所を撮っているとめちゃくちゃ怪しい人になってしまいそうですが、Androidで撮るくらいは怪しい動きをしなければあまり警戒されないかな?と考えているので、どんどん謎の鳴き声を発する生き物を撮影していきたいと思いました。

 

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

この日も帰省(5月8日)

老熊が暇のある時は車で送り迎えをしてくれる帰省日。
いろんなルートを使いますが、この道はあまり混んでいないからか比較的良く通っている気がします。(渋滞のイメージが全くないので)

この近くを通っているのかなと思うと「もしかしてここ?そろそろ?」と毎回聞くので通るようにしてくれるのかもしれません。f:id:kuma-yome:20170522231847j:image


「ここ来たらいつも焦るわ。」という老熊。
うっかりしていたら車の上の部分が破損してしまうだけでなく通行止めになって後続車に大迷惑ですしね。

この日も無事に車線変更をしていたのですが、目の前の車が突然こちらへ車線変更。メチャクチャびっくりしました。

老熊は元々安全運転なのかkuma-yomeが怖がるから車間距離を開けてくれているのか分かりませんが、あまり車間距離を開けない人だったら「結構危なかっただろうな」というタイミングでした。

老熊によると前の車は車高が2.2mも無いらしく十分通れる高さらしいのですが、自分の車の高さを覚えてい無いのか圧迫感が嫌いなのか慌てた様です。

kuma-yomeは隣の車線に大きなトラックが同じような速度で走っているのを見ると吸い込まれ感を感じてしまうし、合流地点で他の車が前に入って来ると老熊的には「大丈夫や。」というタイミングや車間距離でも悲鳴を上げてしまうくらい車間距離を近く感じてしまいます。

ホント「免許を取らなくって良かったな」と思いますね。車幅や車高を正確に感じられ無いし、目の前に猛スピードで割り込まれたりガラの悪人が近寄ってきたりすると、メチャクチャ怖いので知り合い全員が言った通り「免許を取ってはいけ無い」タイプの人間だったんだなと頻繁に車に乗せてもらうようになってから強く感じるようになりました。

f:id:kuma-yome:20170522231900j:image

最近走っている復刻版ラッピングバス。グッズが出ていたり結構人気のようですがkuma-yome的には普通の市バスが大好きなんですけどね。水色のバス(ガス車)もあんまり好きじゃあないですし。

でも市バスを見ると帰ってきた感があるので安心するんですけどね。
来年には民営化されるの事が決定してしまったので一枚でも多くの市バス&地下鉄の写真を撮りたいと思ってしまいます。

できれば何か記念になるグッズが欲しいんですが、以前イベントでやっていた

駅名タンブラーは仕事が休めず作れなかったので、「また何かイベントがあったら良いな」と思うのですが、たまにしか乗らないので告知ポスターを見た時には申し込み期限がギリギリだったりして中々良いイベントには生き辛いのでグッズ売り場へ行って良いグッズが無いか見てみたいですね。
f:id:kuma-yome:20170522231937j:image

イメージに弱いkuma-yome。
グリコのレトルトカレーを中々買って食べる気になれないし(老熊は美味しいとお気に入り)見た目がグロいのは美味しいと言われても全く食べる気になれないのでウニ、いくら、ゼンマイ、もずく、金目鯛は見てるだけで気持ちが悪くなってしまいます。

そんなkuma-yomeが見つけてしまったアイリスオーヤマアイリスオーヤマといえばイメージ的にスチーム洗浄機な感じなので結構衝撃的でした。

やっぱり子供の頃から色んな場所に出かけて、色んな物を見て感じて味わわないと超保守的になってしまうんでしょうか?

kuma-yomeの嫌いな物が好物の人から見ると損をしてると感じる人がいるかもしれませんが、握り寿しセットやちらし寿しセットを買うと決まってウニやいくらが乗っているので超ガッカリ感がハンパない。

いくらについているキューリはいくらをかき出して捨てるグッズとかしていて野菜も嫌いなのでいつも捨てていました。

本当迷惑なくらい握り寿しの詰め合わせにはウニかいくらのどちらかが確実に入っているこの頃。昔は「お子様セット」だと入っていなかたのに最近はどちらも入っていて大迷惑。

大阪寿司かバッテラ、いなり寿司くらいしか一人で食べられるお寿司がありません。

以前北海道で「好きな具が3つ選べる海鮮丼」を頼んだ時、季節でもないカニを頼んだらカニがウニになっていて超ガッカリ。そこはいけすから食材を取ってさばくので「ウニじゃあないですカニなんです」とは言えずに固まっていたら老熊がウキウキしながらウニを持って行ってくれました。

kuma-yomeの滑舌が悪いのか発音がコテコテ過ぎるのか地方へ行くと注文一つ伝えるのも大変。

もっと柔軟な頭で色々な物を食べられたら、もっと車中泊も楽しいんでしょうがガッチガチに固い頭なので車中泊先で食べられる食事が限られてしまいます。

kuma-yomeが嫌いな食べ物は老熊の好きな食べ物が多いらしく、独り占めできるのが嬉しいようですが、もし同じ物が好きだったら取り合いになるし、高くつくと思うので、好き嫌いが多くて良かったのかもしれませんね。

 

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

神戸市平田橋新名神工事(5月7日)

働く車好きのkuma-yome。
当然建築現場等も大好きで最近は工事現場の明かりや風船っぽい人形等があり必死でとるんですがAndroidシャッタースピードも保存スピードも遅いので中々上手く撮れません。目の前に突然現れた高速の工事現場。

f:id:kuma-yome:20170523114628j:plain


東京はオリンピックの準備の為に開催地決定以降あちらこちらで高速道路や一般道の補修工事等が行われていて珍しくも何とも無さそうですが、kuma-yome的にはこういった工事はとっても珍しいので思わず写真を撮ってしまいます。f:id:kuma-yome:20170522223546j:image

こういた仕事を本職にしている人って、子供にとってはカッコイイお父さんに見えるんでしょうね。外出した時に「あれはお父さんが仲間と一緒に力を合わせて作ったんだよ。」なんて言われたら確実に尊敬してしまいますよね。

特にクレーンだとか資格が無いと参加できないポジションでの建築現場への参加はカッコイイと思って当然な気がします。

kuma-yomeは丈夫な体に生まれて、職業選択が自由にできたらものづくりにチャレンジしたかったと思っていたので(一番最初に憧れた仕事は全く違う仕事ですが)クレーンを始めとする重機と呼ばれる働く車を操作できる人はカッコ良くてたまりません。

高所恐怖症なので高所作業者さんはメチャクチャ凄いと思うし、重機を操作する人はちょっとした操作ミスが自分だけでなく周囲の人の命をも左右してしまうし、免許を取るのも大変そうですし。

サラリーマンや研究系の仕事も凄い事をしている人が多いと思うんですが、目に見えて分かる形で仕事の成果が見えると、休日にダラダラしていてお母さんに「掃除の邪魔扱い」されているお父さんが実は家の外では凄い仕事をしてるんだって感じられますしね。

kuma-yomeは子供の頃父親の職場に何度か連れて行って貰った事があったんですが、休日の職場へ行った時は何とも思わなかったのに仕事中に行った時はとってもカッコよく見えたものでした。

f:id:kuma-yome:20170522223601j:image

滅多と見れない真下からの工事現場。
工事中でも通行止めにはならないんですね。
数枚撮った写真の中から道路標識を確認してみた所、ここは「平田橋」という所だそうです。あまりよく知らないんですが、通行止めにすると周辺住民の方や仕事で通行する人が困ったりするんでしょうか?!

とりあえず真下からの大迫力な写真が撮れて良かったです。

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

西宮名塩エスカレーター

老熊に色んな場所へ連れて行って貰うようになってからずっと気になっていた西宮名塩エスカレーター

f:id:kuma-yome:20170513153131j:plain

車の動きが止まる要素が全く無く、路肩に止める場所も無いのでいつも上手く撮れませんでしたが、この日は比較的綺麗に撮影する事ができました。

f:id:kuma-yome:20170513153144j:plain

巨大エスカレーターがずっと気になっていて撮りたかったので、あまりしっかりと撮れていなくても判別できるくらいには撮れたので満足です。

老熊によるとあのエスカレーターはニュータウンに住む人達の為にあるらしく、超怖がりなkuma-yomeは点検の日はどうするのか壊れたらどうするのか、とても心配でたまりません。

隣に階段があるっぽいのですが、高所恐怖症なkuma-yomeはエスカレーターが稼働していても、階段で歩かされてもどちらにしても心臓が止まりそうになるのは間違いありません。

f:id:kuma-yome:20170513153220j:plain

窓の外を見ているとどっからどうやって降りたんだろう?!

と思ってしまう場所にテントをはっている人がいてちょっとびっくりしてしまいました。

f:id:kuma-yome:20170513153230j:plain

 西宮って最近は西宮ガーデンズができてから一気に華やいだ感が増してきた地域だと思うんですが、場所によっては風致地区があったりするので見る角度によって都会的だったり静かな田舎風だったりと様々な顔を見せてくれる飽きのこない素敵な地域だと思います。

川遊びも有名なのかボートっぽい物を積んだ車が2台。台車も一緒に持って出かけてるんでしょうか?背が高かったら台車なしでも詰めるのか分かりませんが、「器用に乗せてるなぁ。」と感心してしまいました。
kuma-yomeって超怖がりでそこそこ不器用なので、器用な人は尊敬します。

 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

フルーツフラワーパーク施設

老熊はフルーツフラワーパークへ何度か行ったことがあったらしいのですが、kuma-yomeは一度も行ったことが無かったので色々探検をしました。

 

f:id:kuma-yome:20170513153030j:plain

めちゃくちゃ焼き肉の匂いがしていて飢えた感が漂ってくると思えない、BBQコーナーがたくさんあって、ここが満員になる事がはたしてあるのだろうか??と思ってしまう程です。
f:id:kuma-yome:20170513201647j:image

普通に道を歩いていたら突然「うわ!なんや!」とビックリした様子の老熊。

見ると赤ちゃんの靴下でした。

普段あまり動じなくて騒音等も聞こえていない様子なのに、ただの赤ちゃんの靴下に驚く姿がとてもおもしろく見えました。

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

フルーツフラワーパークでカメラ練習

カッコイイ巨大な門をくぐって駐車場へ入るとスムーズに車は流れているものの少し混み始めていました。
ガードマンが数人立って車の誘導をしていますが、車が最優先の指示を受けているのか、痛めた足が辛くて足を引きずっているkuma-yomeに対して早く退くよう毎回指示をして来るので膝に激痛がはしります。

子供連れが多いので昨日のような躾けのできてない放し飼い児に遭遇すると危険な為、なるべく老熊の袖をつかんで歩きます。

f:id:kuma-yome:20170513152846j:plain

 生憎の天気ですが、時期的には良い感じなので結構綺麗に見えました。
今日はお下がりで貰ったカメラのテストの為に来たのでリュックから出して撮影開始。

なるべく邪魔にならないように、あまり人が立ち止まっていない広い場所で撮影します。
少しでも不意打ちを食らってしまうと歩けなくなる危険が高い程痛んでしまっている古傷とカメラを心配しての行動なのですが、写真を撮り始めるとそれまでカメラを構えてなかった興味なさげな人数人が周囲をぐるっと取り囲んで来たので若干恐怖でした。

自分で撮りたい物を撮るで良いと思うんですけど、何故か撮り始めると直ぐ横や後ろで撮り始める人が多いです。
同じ場所で撮るのは人の自由なんですが、「撮り終わった時にその場を離れる事ができる程度には距離を開けておいて欲しいな」といつも思ってしまいますね。

f:id:kuma-yome:20170513152858j:plain

以前よく借りていたカメラよりも性能等が大きく劣るらしいのですが、やっぱりAndroidのカメラよりはシャッタースピードが抜群に速いので嬉しいでね。
さっさと撮らないと撮りたい瞬間が終わっていたりしますし、混雑してる場所なら尚更さっさと撮影して次に行かないと殺気立ってる人が多かったりして危ないですしね。

少し空が明るくなった瞬間だったので花の色が綺麗に撮れている気がしてとっても嬉しくなります。

写真は全くの素人で以前自分用に使っていたカメラといえば「現場監督」コニカ、手巻きフィルムの一眼レフカメラ(メーカー忘れ)サイバーショットソニー)くらいだったので久し振りの自分用カメラ。

昔の癖でシャッターをしっかり押してしまうのでカメラによっては連写になってしまって「うわぁああ」と焦ってしまいます。別に悪い事をしている訳じゃあないんですけど、何故かその後って周囲をキョロキョロしてしまったりして、物凄いビビリです。

f:id:kuma-yome:20170513152921j:plain

フィルムの時代とは違って撮影直後に画像を確認できるし、PCやAndroidでトリミングや編集があっという間にできてしまうので緊張感なく適当に撮ってしまう癖がついてきてしまいました。

もっと緊張感を持って撮影したらピントとか色々な面で本当の意味での良い写真が撮れたりするんでしょうか?

 

f:id:kuma-yome:20170513153057j:plain

 見たこともないような大きな木が森のように立っていて迫力があります。
まだまだ新しいカメラに慣れていないのでピントが激しくボケまくったり珍しく斜めになってしまったりと中々思うようには撮れません。

 

今まで持っていたカメラってもっと大きかったり重かったりしてある意味持ち易かったんですが、このカメラは慣れていないせいか持ち難くってうっかりすると斜めになってしまいます。

あまり大きなカメラではないので車中泊のお供に持って行ってどんどん練習していこうと思いました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村