野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

正月早々大忙し

年が明けて来てからもう一週間以上過ぎてしまいましたね。
他の方は心穏やかに新年を迎える事ができたのでしょうか?
kuma-yomeは新年が来る30分程前からせわしなく心臓が痛む状況だったので、新年早々不機嫌になってしまってました。

f:id:kuma-yome:20190110141218j:plain

kuma-yomeの実家は普通の家とは全然違う感じのおせち料理だったので、一般的なおせちはとっても苦手です。

なのでお正月期間中はできるだけ人の家にお呼ばれしないように上手く家に潜伏しています。

実家のように美味しいこった料理ができないので、冷蔵庫に残っていた物を使ってお弁当箱に詰めてみました。

豪華かどうかは問題ではなく、食べられる食材が詰め込まれているかどうかが問題なので普通の行楽弁当よりショボいと思われても気にしません。

老熊はキチンとした正月用食材とおせち料理を買ってあるので自分一人の為のお弁当ですしね。

f:id:kuma-yome:20190110141242j:plain

「初詣をどこにするのか」仕事納め前から何度も言われていましたが、色々な案が出たワリには結局近所の神社へ初詣に行くだけに決定しました。

最初の案では年末のお参りを近所にして、その後新年のお参りはどこかの神社へって話しだったんですけどね。

ガキ使と紅白を交互にみながら年末を過ごした老熊。
近所の神社までは普段自転車で行くkuma-yomeですが、老熊が紅白を最後まで見終わってから歩いて行く事に急に変更されてしまい、玄関から神社の鳥居まで駆け足で走らされました。

途中珍しい木の実が見えたので写真を撮ろうとすると「写真なんか後にせい!」とやや離れた場所から怒鳴って来たので「絶対後なんかない!今撮らな後で撮れん!」と言いましたが危険な道なのにも関わらず先々歩いて行くので写真を諦めて大慌てでダッシュ

鳥居の前では泥酔した酔っ払いなのか?!と思ってしまうくらい暴れまくっている青年数人(顔は未成年風)警備員さんも居ない様子だし、老熊も離れた場所だしと恐怖におののきながら鳥居をくぐると長蛇の列でした。

後で分かったのですが、年末のお参りはやっていなくって0時の除夜の鐘とともにお参りが始まるスタイルをとっている神社だったので、老熊の計画にあった「お礼参り」をしてから「初詣」は失敗に終わりました。

結局鳥居をくぐったのは10分くらい前だったので「0時からしかお参りができないと分かっていたら心臓が痛い思いをせずにゆっくり歩いてこれたのにな」と少し腹が立ちました。

そして30分並んでやっとの思いで初詣を済ませた後、今年の干支である「亥の根付」を買って貰いました。

神社内の風景を撮影する事はできず帰りも来た道とは逆の道から帰ろうとする老熊に「やっぱり後でって後は無いやん!」と責めると、謝ろうとせず笑いながら戻って来てくれました。

f:id:kuma-yome:20190110141249j:plain

初詣から30分くらいかかって自宅に到着。
地元へ住んで居た頃良くスーパーで買っていた「チキンロール」が今住んで居いる地域では全く手に入らないので、今回は近隣の市にある大きなイオンまで車で連れて行って貰って買いました。

イオンでも総菜コーナーには置いてなくって冷蔵の真空パックしか手に入りませんでした。

年末年始は「チキンロール」の切ってあるやつを総菜コーナーで買って食べていたので「同じ関西でも食生活が全然違うんだな」と改めて実感。

f:id:kuma-yome:20190110141253j:plain

真空パックから開けて写真を撮ろうと思ったら瞬時に老熊が持って行ってしまいました。

楽しみにしてたんですけどね。

f:id:kuma-yome:20190110141259j:plain

年末にイオンで買ったお正月用のお茶。
このお茶はお店のウリみたいで良く試飲させて貰えるんですが、初めて飲んだ時からとっても気に行っていて、老熊の時間とついでのある時に寄って貰って年に1,2度買っています。

そのお茶の新年バージョンのパッケージなので張り切って購入。

f:id:kuma-yome:20190110141303j:plain

老熊のおせちからkuma-yomeの食べられそうな物を貰う事になっていたのですが、どちらかと言えば食べたくない部類の「伊達巻」が一緒にやって来たので少し気分がブルーになってしまいました。

やっぱりkuma-yomeの日常は新年早々老熊のわがままに振り回される事になっているようです。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

祝!2019年 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

今年は亥年ですね。

昨年見たテレビでは亥年の人は子沢山だそうです。

それってあってるのかなーと思ったり。

f:id:kuma-yome:20190102215145j:image

 

昨年は色々あり過ぎて書きたいネタはいっぱいあるのに体調不良等で書けず、Kuma-yome的には浄化不良な感じになってしまった一年でした。

田舎のとっても良い人達と、ヤバイ田舎の人達の間で人間不信に若干なってしまったり、善意を悪用されて物凄く大変な目に遭ったりと色々あった一年でした。

そこだけ見ると最悪な一年だったかのように思われてしまうかもしれませんが、1月に虚血性大腸炎になってにゅういんしたり、夏ぐらいに慢性蕁麻疹と接触性蕁麻疹、寒暖差アレルギーが数年ぶりに再発。

自宅近くの個人病院が「戦時中か?!」と言いたくなるくらいの時代錯誤的な爺さんドクターや、診療説明書を受け取ってとりあえず初診だけ診て「次からは自宅近くの病院へ行ってね」と行ってくる(家から1番近い病院なんですけどね)やる気のないドクター等しか居ない、超絶田舎なので老熊とは散々モメましたが結局はKuma-yomeの故郷で病院を探して通院することに落ち着きました。

そういう事で昨年は、病院関係でのストレスが無くなり大きく進歩した年となりました。

通院するには片道2時間はキッチリかかるんですけどね。やっぱりマトモな病院で診てもらいたいし、いざという時「どこの大病院と連携がとれるのか」って事をハッキリと言ってくれる病院かどうかってのは、とっても大事だなとおもいます。

数年前から定期的に検診を受けている子宮体癌と子宮けいがんの検査ですが、今のところネガティブ」という表現で言われたので、最初は驚きましたが異常無しで安心しました。

 

心臓も定期検診が必要なものの今すぐどうこうなるような状況では無いですし、信頼できそうな個人病院の先生を行きつけの薬局の薬剤師さんに紹介してもらい、こちらも問題なくなりました。

ちょっと血圧の上が165超えたりしますけど、今は冬なのでそれ程心配しなくてもいいらしいです。

f:id:kuma-yome:20190102215148j:image

軽く人間不信になりながらも何とか平穏に日々過ごせて居るのは時々入ってくる仕事のお陰でしょうね。

普段会話に飢えているKuma-yomeが自分らしさ全開で働いているので、体調が悪い朝でも勤務時間の1時間前にはシャキッとして出かけて、帰った後はそういえば朝しんどかったんやっけ?!と思うくらい元気に帰って来ています。

派遣先では何人かの方から「昇格申し込まないの?」と言ってもらえるのですが、いまは資格試験に向けてまだまだ頑張りたいですし、老熊の車中泊がいつも突然なので、内心は派遣卒業して「有給のある地位になりたいな」という野心も多少はあるんです。

でも始めた頃に物理的に通えない距離の地域の昇格話を2度も断ってるので難しいかな?と思ったり。

若い人や優秀な人と採用枠と言う名の少ない椅子を奪い合うにはKuma-yomeには、まだまだアピール材料や他人を押しのけてでも前へ進む度胸が無いので、この一年で人事の方の目に留まってもらって大事な逸材と思って貰えるようなアピール材料を揃えて行けるよう勉強をして行きたいです。

f:id:kuma-yome:20190102215147j:image

昨年生まれて初めて資格試験という物を受けまして、一昨年は手話奉仕員養成講座を受けながら、手話教室へも通っていたのでその年に受験すればかなりの自信をもって5級、4級ダブル受験なんて事も出来たのだと思うんですが、物凄く慎重派というか根性無しなので、心の中で色々言い訳を考えて一年受験を送らせてしまいました。

その結果理解度は習いに行ってた頃よりは格段に落ちていましたし、実技が信じられないくらい全てにおいておちていました。

試験当日は何とか落ち着こうと辞書ばかりをもて過ごし、実技に向けての受け答え練習を頭の中で繰り返した結果。

VTRテストは100点満点の自信を持てましたが実技は全く自信が持てず毎日落ち込み状態。

仕事が詰まっていたのでくよくよする暇はあまりありませんでしたけどね。

そして年末に5級の合格通知が来ましたので、去年買ってもらった4級の受験対策本を仕事が暇になる頃から初めて毎日少しずつコツコツと受験勉強をして、余裕があれば4級と3級のダブル受験を目指したいと思います。

体が弱いので、1年間平穏無事に受験勉強に専念できる自信はあまりありませんが、信頼できる先生方のアシストがあるので(病院は遠いけど)何とか来年も受験に向けて頑張って、一段ずつ積み重ねて登って行きたいと思いますめざせ!4級!目標は小さく足元からコツコツで。

f:id:kuma-yome:20190102215146j:image

後忘れてはいけないのがスマホアプリの存在。

何もない田舎に住んでいると暇な時間を癒してくれるのがスマホアプリなので、完全無課金派のKuma-yomeには「課金ジュエルの配布分の回収作業」は大事な項目なので、お正月休みの間にコツコツやって行きたいですね。

今年も「書き初め」「福笑いのイベントがあったので、早速チャレンジしてみました。

少しでも間違えると消しゴム機能がない為最初から全てやり直しという、なんとも情けない話になってしまうので、慎重に筆を進めました。

去年よりは上手に書けた方なので、今年は来年よりもいい一年になりますでしょうか?

 

老熊からは「いい一年になったやろ。初めての資格試験合格したんやから」

と言われましたが、実技での受け答えが遅かったのがいまだに後悔なので、来年はもっとしっかり準備して挑みたいですね。

その為には老熊の車中は減らしてもらわないといけなくなりますけど。

 

 

 

 

 

ちょっとしたクリスマスプレゼント?!資格試験合格の話し(12月24日)

Kuma-yomeは父親がサラリーマンでは無かったのでタイムリーな感じでイベントが出来ることはあまりありませんでした。

父は子供嫌いだった為、仕事が休みの日は息の詰まる思いで1日を過ごすのが日課でクラスメイトのように家族でパーティーなんてした事がありません。

そんな事もあり、老熊が一般的な会社員では無いと分かった段階で様々なイベントごとに対する執着はあまり無いのにわざわざクリスマスだからと1日だけ帰って来てくれました。

 年末の大掃除に必要な物だとか必要品等を買い出しに行ったついでにクリスマスの食料も買ってもらいます。

f:id:kuma-yome:20181226202925j:plain

買い物に行って買って貰ったのは「料理用温度計」以前アナログな感じのを持っていたのですが、保管してあった場所に見当たらず食器棚等台所内の収納関係全てを掃除がてらチェックしましたがありません。

老熊にお願いすると「高いな」と言っていましたが少しでも安く済むようにとアナログの方を持って来ると「それやったら見えへんやろ」と言ってデジタルの方を買ってくれる事に。

f:id:kuma-yome:20181226202955j:plain

経緯は端折ってますが少し前に老熊から貰った超お古のiPad用充電コードも100均から姿を消す前に購入。

f:id:kuma-yome:20181226203008j:plain

クリスマスケーキはカットされたのを買おうと思ったんですが、kuma-yomeは有名ケーキ店のケーキを年に数回買って食べているので「あればっかり食べてたらガッカリするで」と老熊が言って反対するので、ガッカリしないように無難にプリンとプリンアラモードにしたのですが、超乱暴者で雑い老熊のお陰でプリンアラモードが袋の中で真っ逆さまになってへこんでいました。

あまりの寒さにトイレが我慢できなかったkuma-yomeは老熊より先に帰宅。

買った物を冷蔵庫に詰め込んでいると老熊が突然ニヤニヤしながら近寄って来て

「これなんやと思う?」的に聞いてきたので冷めた目つきで睨んでいると「検定の合否結果の封筒」でした。

f:id:kuma-yome:20181226203654j:plain

ドキドキしながら封を開けると合格していました。

あまり有名ではない資格だと思うので説明しますと「手話検定5級」というのは一番下の級です。

「なーんだ。大した事ないやん」と思われる方も居られるかもしれませんが、kuma-yomeは高校受験以外は全く試験というものを受けた事がなく「全国模試」的な物や「運転免許」の類もありません。

高校受験も絶対合格という三流高校を受験していたので緊張も不安も全くありませんでした。

体が弱かった事で小中は体育を見学。
高校は時々体育を見学したり保健室登校したりする程度な感じで何とか卒業。
社会人になってからは体が弱い為、何度か仕事を変わりながらも一人暮らし。
体調の良い時期は何か資格でも取れればと色々な勉強にチャレンジし、習い事もしましたが先生に褒められるようになり楽しくなって来た頃に 必ず体調が悪くなったり家庭の事情で数年間通えなくなったりで一からスタートの繰り替えしで「何かを学びたい。何か資格を取りたい」と思いながらもあと数年で50代という年齢まで何の資格も取らずに来てしまっていました。

今住んでいる地域はとっても田舎なので習い事の教室はシルバー世代か子供向けの物しかなく、市がやってる生涯学習等ある筈もないしお店も娯楽施設も何もない状態でフラフラしていましたが、引っ越した最初の年に「手話奉仕員養成講座」の募集があり「引っ越したばっかりだし仕事も探さないとだし無理だなー」と思って諦め、翌年仕事も不定期ですが何とか決まった後に申し込んだ所、定員割れしていたので無事受講。

1年間頑張って「修了書」を手にしました。
途中非常識なオバちゃんにインフルエンザをうつされて休んでしまったり、「1年くらい通いきらせたる」と言ってくれていたのに、休んで車中泊等に連れていかれたりもありましたが、前期と後期で指定された日数を受講するという条件は何とかクリアできました。

 

kuma-yome.hatenablog.com

 その講座を受講している時というのは、今よりも手話ができている感じで根拠のない自信もシッカリとあったので検定試験を受けたかったのですが「1年通いきっていないのに」という良く分からない見えないブレーキのようなものがかかって受験を断念。

 

kuma-yome.hatenablog.com

老熊にAmazonで買って貰った受験対策の本とDVD、手話の辞書を合わせてみて1年頑張りました。

勿論それだけでは不安だったので、近隣の市へ行って手話の教室にも通い実技の特訓も合わせてします。

受験の2ケ月前から仕事が忙しくなり手話教室には通えなくなりましたが、僅かな時間を狙ってDVDと辞書と試験対策本を何度も見て少しずつ自信を付けていきました。

試験当日は老熊が試験会場の建物前まで車で送ってくれたんですが、受付開始の1時間以上前だったので試験監督をされる方もまだ来ていませんでした。

その時に声をかけてくれた方が会場の関係者さんで「何故手話を習い始めたのですか?」とか「指文字をシッカリとやっておいた方が良いですよ。手話表現を忘れた時も悩まず指文字で表現すればいいので」と教えてくださったので、それまで辞書で様々な表現を頭に入れようと必死だったのに「指文字」にシフトチェンジ。

試験は「視力的な配慮」をお願いしていたので一般受験者の人に比べて倍くらいの大きさの試験用紙が用意されていましたし、モニターのすぐ前の席にしてくれていたので落ち着いて筆記試験を受ける事ができました。

実技は「手話教室」を2ケ月くらい休んでいた後だった為に物凄く緊張してしまい、頭の中で「こういう風に言おう」と思っていた事が言えず予定していなかった別の事を言ってしまったりがあって「ああ、こういう風に言えば良かったなー」と後から後悔したりする部分が多々あり、筆記試験に関しては絶対に100点の自信ありだったのに対して実技の方は反省する部分が多過ぎて絶対80%正解じゃない気がすると悩んでばかりでした。

実技は80%合っていれば合格という話を聞いた事があった為、殆どあってない気がするし少し考える様子を見せてしまった事が減点対象になったのでは?と思っていて絶対不合格かも?!もし不合格だったら受験費用が無駄になる等と考えてしまい「きっと年末は憂鬱な気分になって年を越すんだろうな」と思ってしまっていました。

11月も終わりになると「もし不合格なら来年5級と4級のダブル受験しよう」と思うようになり「とりあえず合否が分かってから次の勉強を始めよう」と手話教室以外はあまり勉強せずに過ごしました。

その直後から仕事も忙しくなって来たので、ポストを毎日のぞいて不安な日々を過ごすという事もなく自然体で過ごせたのはとても良かったと思います。

4級の試験対策本を見てみると「5級よりも結構高度になってるな」という印象で5級の本を始めて見た時のような余裕感はあまりありませんでした。

それでも表現は知っている物もそこそこ多くあるのでYouTubeの手話歌でなめらかな動きの練習をし、DVDで単語と読み取りの訓練をしようと思います。

どこまで取ったら履歴書に書けるとか胸を張って言えるとかっていうのは知りませんが、とりあえず欲張り過ぎずに「頑張れば取れるかも?」と思われるレベルまで受験してみようかと思います。

今回の試験では受験勉強の追い込みの時期に車中泊やバイクミーティングの予定を詰め込まれて「勉強したいのに全くできない」状態が何度もありましたし、その事で文句を言うと車中泊先でDVDを見て勉強するように言って来たりされたんですが、ああいうのって隣に人が居ると恥ずかしいんですよね。

手話を分からない人から見ると「何やってるんだろう?!」って感じですしね。外国語だと発音をMP3プレイヤーやWalkmanで聞いたりするだけでも勉強になるので、車中泊の移動中にイヤホンで聞き流したり睡眠学習的に寝ながら聞いたりしても効果ありそうですが、手話はそういう訳にもいかないので勉強する場所は選ばないといけないと思います。

ただ町を歩いている時やニュースを見ている時に、ちょっとした言葉が出て来ると「指文字でどうだったっけ?」と頭の中で考えたりする努力はしました。

手話奉仕員養成講座を受けてから1年半後に5級を受験し、なんとか合格しました。
本当は欲を出してもう少し上の級を受けたかったんですが(レッスン後で少し自信があった)やっぱり試験慣れしていないので、緊張して実力が出せなかったらその後のチャレンジに影響が出ると思い、一番下の級から受験。

まさかこの年になってこんな立派な「合格証」を貰えるとは思いませんでした。

 

f:id:kuma-yome:20181226202913j:plain

中には「手話のがっこう」のチラシが入っていましたが、資格試験に関する費用は全てお小遣いから捻出しているので、貯えの無い今の状況では参加はちょっと無理かな?と思ったり。

とりあえずこの先は合格したり不合格したり色々あるんでしょうが、最初に講座を受けた時に決めた級まで合格できるように頑張ってみようと思います。

今年は色々ありましたが、最後の最後にとっても嬉しい事があったので来年にも期待して行きたいと思います。
 

西紀SAの隠れた楽しみ(6月14日)7

このブログは遅れて記事を書いております。
6月14日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20181231002605j:plain

ここは最後のトイレ休憩地点。
大きな看板でドライバーにトンネル内の事故等についての注意書きがありました。

kuma-yomeは免許を持っていないので勿論関係無いんですが、消火設備の使い方や避難の仕方は覚えておいた方が良いのかな?と思ったり。

 

f:id:kuma-yome:20181231002614j:plain

kuma-yomeが西紀SAを物凄く楽しみにしていた理由はこれです。
初めて来た時たまたま気が付いて写真を撮ったのですが、あんまり上手く撮れていなくて撮り直したいと思っていたのに中々連れて来てもらえず撮り直しができていませんでした。

f:id:kuma-yome:20181231002626j:plain

この時は少し時間があったので辺りを散策して他に珍しい物は無いかとウロウロしていたら、鳩っぽい物を発見。

f:id:kuma-yome:20181231002637j:plain

 そして更にイノシシを発見。
老熊に「ここはどこでしょー」と言いながら「栗」「鳩」「猪」「黒豆チーズケーキ」「篠山牛コロッケ」の写真を見せたら「西紀やろ」と即答されてしまいました。

全てこの辺りの名産らしく、ちょっと考えたら分かるんだとか。
色んな事を知り過ぎている老熊なので知らない事を探すのは結構大変ですが、また今度何か別の事で問題を出してみたいと思います。

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

道の駅 ようか但馬蔵のかくれんぼ(6月14日)6

このブログは遅れて記事を書いております。
6月14日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20181231002353j:plain

kuma-yomeリクエストの「道の駅 ようか但馬蔵」へ到着。
実はやぶ市観光協会Facebookを頻繁にチェックしているkuma-yomeなんですが、5月の6日に日本遺産認定を記念したモニュメントがありますという記事があって、やっぷーが物凄く可愛いポーズをしていたんです。

勿論イベントの日でもなんでもないので、やっぷーはこの日いませんが紹介されていたモニュメントを見るべくやって来ました。

f:id:kuma-yome:20181231002402j:plain

養父市では有名な「1円電車」の形をしているとの事なので、1円電車を知らないkuma-yomeはこれを見ていると少し興味が湧いて来たり。

f:id:kuma-yome:20181231002415j:plain

Facebookと同じように色んな角度から撮影。

f:id:kuma-yome:20181231002428j:plain

もういい年なのでやっぷーの真似をして写真を撮る事はしませんが、小さな子供さんがいるご家庭ではきっと真似をして記念撮影してそう。

f:id:kuma-yome:20181231002435j:plain

日本遺産認定は平成29年だそうです。

f:id:kuma-yome:20181231002504j:plain

養父市周辺には結構よく来ているのに伝統工芸等は全く知りませんでした。
名産を少し知っている程度なので、トイレ休憩や遊びだけでなくそういう事も知っていきたいなと思いました。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

カニと高床式住居風看板(6月14日)

このブログは遅れて記事を書いております。
6月14日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20181231001724j:plain

「綺麗な花が咲いていて心が和むなー」と思っていたら。

f:id:kuma-yome:20181231001738j:plain

またもやカニ看板です。
強風が来た時にカニが飛んでっちゃわないのかとても気になってしまいますが、多分大丈夫なんでしょうね。

f:id:kuma-yome:20181231001746j:plain

kuma-yomeはカニを食べると手から肘まで汁が垂れてしまうので、どちらかというと食べたくない派なんですが、味は普通に好きです。

でも子育て中に突然エビアレルギーになってからは気を付けてあまり食べないようにしています。

手のひらが真っ赤になって物凄く腫れあがって痒くなってしまって大変になりますからね。

f:id:kuma-yome:20181231001758j:plain

一見「高床式住居」なのかと思ってしまったオブジェ付きの看板。
商店街の看板だそうですが「レトロな街並みだったら素敵なのにな」と思いながら通過。

バイクや車って「ちょっと珍しい物があったからあっち寄ってみよう」なんて感じには行きませんので、またの機会に行けたら良いなと思います。

f:id:kuma-yome:20181231001811j:plain

f:id:kuma-yome:20181231001829j:plain

f:id:kuma-yome:20181231001849j:plain

f:id:kuma-yome:20181231001908j:plain

f:id:kuma-yome:20181231001929j:plain

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

鮎の里矢田川(6月14日)

このブログは遅れて記事を書いております。
6月14日に車中泊へ行った時の記事となりますので現在の状況とは大きく異なる事があります。

f:id:kuma-yome:20181231201222j:plain

走行中老熊が突然指を指したのでトイレ休憩に行けるのだという事は分かりました。
バイクで走行中って結構何を言ってるのかサッパリ分からない事が多いんですが、老熊がご機嫌な調子で歌を歌っている時はWalkmanで音楽を聴いていてもうるさい位に聞こえて来てちょっと迷惑だったりします。

f:id:kuma-yome:20181231001349j:plain

「ようやくトイレ休憩だー」と思っていたら何か変わった物がぶら下がっている事に気が付きました。

f:id:kuma-yome:20181231001401j:plain

名前は良く知りませんがあの漕ぐやつですね。
これって片付けが大変なように思うんですけど、何かこだわりがあってこういうレイアウトにしてるんでしょう。

f:id:kuma-yome:20181231001415j:plain

建物は結構地味な感じで昼間ですが前の道路を走る車があまりなく他にトイレ休憩をしに来た人も居なかった静かな道の駅でした。

f:id:kuma-yome:20181231001435j:plain

それでもお店はシッカリと農作物等が売っていて新鮮な物をおいているんだろうな。という事は感じられます。

f:id:kuma-yome:20181231001445j:plain

散策すると自然の豊かさを感じられる雰囲気の庭がありました。
建物裏には蔵?のような建物があったんですが、すすけた感じに黒く汚れてしまっている建物もあり謎な感じでした。

f:id:kuma-yome:20181231001457j:plain

奥の方に階段があったりして全部見て回ったら疲れそうなくらい広そうだという事は感じられます。

f:id:kuma-yome:20181231001510j:plain

自然を眺めながらベンチでゆっくり休憩できそうな感じにはなってますが、敷地内は街灯が少ないのかな?という印象だったのでトイレ休憩に寄れるのは昼間だけになりそう。

f:id:kuma-yome:20181231001518j:plain

ジオパークって色んな地域でやってますが「再認定」という文字があるのは初めて見たので、なんだか個性のある地域かも知れませんね。

f:id:kuma-yome:20181231001525j:plain

以前SAのトイレで鳥が巣を作っていた時は巣の下辺りにある壁に、鳥の名前と住所が書いてあったり、コーンとポールで四角く囲って誰も真下を通らないように配慮されてあったりするのは見た事がありましたが、このようなこったつくりなのは初めてみました。

f:id:kuma-yome:20181231001534j:plain

肝心のトイレはというと予想に反してめちゃくちゃキレかったです。

手を乾かすあの機械もありましたし、清潔で車いすの方に配慮したスライドドアの個室も普通にありました。

そして一番驚いたのはナプキンが置いてあった事。
突然始まってしまったり子宮筋腫で不意の出血が来たりという経験が良くあるのですが、キャンピングカーで車中泊移動が多いkuma-yomeの場合は車にセットが積んであるから大丈夫ですが、普通車で移動されている方にとっては嬉しい事なのかもしれません。

良かったらったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村