読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

衝撃的な久留米。

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村

 

岡山、広島と町中を走っていて珍しい看板やびっくりするような店名を見つけては写真に撮って来ましたが、久留米では衝撃的な看板や店名を見つける事ができませんでした。

久留米の人は真面目なんでしょうか?前回久留米入りした時に行った"大砲ラーメン"
さんは建物が忘れられないデザインでしたが店名はややびっくりくらいでした。

 

久留米で衝撃的といえばまず浮かぶのが乳製品まとめ買いsale。
以前来た時も驚いたのですが量が半端ないです。
単品買いは許されないのか?持ち帰るのに重くないのか?と心配になります。

f:id:kuma-yome:20161004203259j:image

ヨーグルトのケース売りは初めて見ました。
久留米の人は大家族なのか美肌に感心が高いのかどちらなのでしょう?
f:id:kuma-yome:20161004203314j:image

牛乳もやはりまとめ買いsaleやってますね。
1パックですら期限がちょくちょく切れてしまう我が家では考えられない量です。
f:id:kuma-yome:20161004203327j:image

砂糖のような粉が付かなくなってから買わなくなったブルガリアヨーグルト。
これも期限内に食べきるのは難しい一品で、最後は無理矢理頑張って食べる感が漂って来ます。
ラストスパート!などと心の中で叫びながら必死で食べてますが久留米の方は余裕なんでしょうか?
良く○○の消費量全国1位とかって聞きますけど、ひょっとして乳製品消費量全国上位なんでしょうか?
ちなみに大阪はポン酢の消費量が全国上位の噂があります。これだけの量を期限内に
食べ切る市民の方々はきっとお肌もつるつる?


f:id:kuma-yome:20161004210021j:image

次に驚いたのは整備されて清潔感のあるバス停。
日陰でゆったり待てるのは良いですよね。ベンチ周辺に鳥のフンもないですしゴミもりません。
みなさん程よい距離を保ちながら静かにマナー良く待って居られました。
治安の良い地域なんでしょうか安心して買い物ができますね。

 

治安が良いといえばkuma‐yomeは老熊と放れて買い物をすると微妙な地域では
必ずカートを執拗にぶつけられたり蹴られたりするので知らない場所では常に警戒していますがこのお店ではそんな人も居なくて一人でレジに並んでいても適度な距離を開け並んでくれるし、印象に残ったお客さんではお昼御飯を買いに来たサラリーマンが前にいた小さな子が落とした"レジ袋不用"の札を見て直ぐに黙って拾いあげて戻していたので穏やかな人が多いのかな?と思いました。(本人も母親も落とした事には気が付いていません。)

 

その直ぐ後にレジの人がそのサラリーマンの出したお金を落とし台をどけても見つけらずアタフタしていたのですがサラリーマンは不機嫌な態度もとらずに指を指しながら一緒に探しているようでした。kuma‐yomeは「こういう場合はあの辺だったりするねんなぁ。」と見ながらのんびり待っていたらどこからか店員さんが飛んできていて

「次お待ちのお客様こちらへどうぞ。」と落ち着いた笑顔で案内してくれkuma‐yomeの次に待っていた女性の方も不機嫌そうな様子もなく同じ列に並びなおしていました。

 

地方へ行くと雑談ばっかりで目の前に大きなゴミが落ちていてもそれを見つめたまま無気力な目でぼ〜っとしている店員さんや、お客さんにお尻を向けてお喋りに夢中に
なっている店員さんが多くて、買い物をしてもお客さんに喧嘩を売ってるんかな?
思うくらいこちらを不愉快にさせるような発言や態度の店員さんばかりだったので
良い意味で予想外の衝撃でした。

 

気持ち良く買い物を終えて駐車場を後にして直ぐトイレに老熊がトイレに行きたくなったらしくまたYou meタウンに引き返しました。
お店の入り口をくぐるのは今日3回目ですね。短時間にそんなに何度も行く店なんて中々ないですよね。
このお店はあちらこちらにテーブルと椅子があってくつろげるようになっていますが
長時間無駄に座席を占拠している印象はなくフードコート直ぐ近くに小スペースながら食事しない人用の席があり一階入り口近くにもやや多目のテーブルと椅子があって老熊を待っていたらこちらの椅子よろしいですか?と突然若い女性から声をかけられました。kuma‐yomeは老熊を待つのにちょうど良い通路側だという理由だけで4人用テーブルに座っていたのですが一人で4人用テーブルに座っていたから聞いてきたみたいです。
マナーが良いですよね。古き良き日本の心みたいなものに触れた気がします。