読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

今日は福知山線脱線事故の日

今朝Blu-rayHDDの録画をチェックしていたら

昨日チェックした時には無かった「おかませ録画」に知らない番組が入ってい情報をたので確認すると福知山線脱線事故から12年特集だと分かりました。

 

事故当日自宅を出る直前のテレビで見て何の感情も湧かず、出勤後アルバイト先のスタッフルームで2度目にその映像を見ても、全く理解できなかったのを覚えています。

 まるで夢の中にいるかのように、今見ている映像について怖いだとか酷いだとか全く感じなくって何の感情も生まれません。

 

仕事が終わって帰宅後に夕方のニュースや翌朝の新聞を見て徐々に本当の事なんだと後からじわじわと感じる事ができました。

阪神淡路大震災の時も一瞬現実の事だと理解できずにいましたが、親戚が多く住んでいた場所だったし、数日間電話が繋がらなかったのでカナリ緊張した精神状態が続いたので今でも日時はほぼ正確に覚えています。

JRには殆ど乗った事が無かったし、知り合いにJRを利用している人も全くいなかったので遠くの地域の事故とあまり変わらない感覚でしたが、やはり隣の都道府県での大事故だったのでテレビの報道はカナリあって東京の方で起きた脱線事故?よりも事故のあらましは知っています。

 

電車がぶつかったマンションは結局1~4Fのみ残す事になったと今日報道がありました。事故を隠そうとしている、忘れようとしているとして取り壊し派を責めるような意見があると知りました。

この事故とは段違いの小さな経験しかしていないkuma-yomeですが、これまでの人生色々とあってその後とっても現実から目を背けたくなるタイプなので「壊したい」「思い出したく無い」人達の気持ちは分かりま。残したい人、壊したい人、どちらが正しいとかどちらが偉いとかそういうのでは無くって受け止め方の違いなんだろうなって思うんですが。

きっと残す派の人は強靭な精神の持ち主なんだと思います。生き残った者の「死んだ方が良かった」と感じる人も居たでしょうし、今日の番組でインタビューを受けていた人のように使命感を感じて立派に生きる人も居たりして「どっちが偉い」「どっちが正しい」という訳でもなくその人それぞれの感性と心の強弱なんでしょうね。

今とても弱くって悲しい思いをしている人でも何時かは癒えて元気になれる日が来るかもしれないし、立派に生きているように見えても途中でエンスト状態になる人も居るかもしれない。

先の事は全く誰にも分からないし今現在が全てでは無いから今の自分を大切にして健康に気を付けて毎日を過ごして欲しいです。

 

kuma-yomeは生まれつき健康に縁が無く、ことごとく不運に遭い求めても得られない物ばかりの人生で、どんなに努力して人間としてのスキル向上を目指そうとも健康上の都合で途中離脱しなければならなかったり、ずっと負け組で一番下から上を見上げる人生でした。

 

そしてやりたい事行きたい事全ては生まれ変わらないと叶わないと諦めるしか無かった人生でしたが捕獲生活が始まってからバイクに乗る事ができ、行きたかった場所は全て連れて行って貰えました。

他力本願であっても諦めず頑張り続ければ願いは叶うのだと知りました。捕獲生活が始まってから突然死注意、心疾患発見。と相変わらず健康には見放されている状況ですが、家事が満足にできない日があっても自分のやりたかった事はある程度させて貰ってます。

だから精神的、肉体的困難に遭遇しても自暴自棄になってお酒やたばこ、不健康になる行いをしないでじっと時を待って欲しいと思います。

 

全世界で自分が一番不幸だとか、もうこれ以上不運な運命に耐えられないと思ってもじっくり耐えれば急浮上もあるかも知れませんしね。

あの時、違う選択をしていれば良かったと違う選択をしていた方が幸せだったと思ったとしても超遠回りをして人生大好転する日があるかも知れませんしね。

 

kuma-yomeはとても弱い人間なので大事故や大災害があっても現実だと理解するまで時間がかかりますが、マンション残す派の方はきっと全ての理解が早くって最善の道を自分の力で素早く見つけられる人なんでしょう。

全ての人にとっての最善の道ではないのかも知れなくってもその人にとっての最善の道なのは確かなのですから。

色んな人の人生を変えて、心まで成長、後退させてしまったであろう大事故が段々忘れさられてしまわないよう関西圏だけでもしっかりと報道して欲しいです。

 

東京で起こった脱線事故?だったと思うんですが殆ど報道が無かった印象だし、その後の報道も無いので、この事故も関西圏では今でも大きく報道されていても地方では殆ど報道されていないのかも知れませんね。

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村