読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

変わったいろのガードレール

老熊通常運転です 車中泊移動

良かったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村

 

 6日の朝「道の駅ソレーネ周南」を出発してノンストップで帰る気満々の老熊。

f:id:kuma-yome:20161008180458j:plain

 前を良く見るとガードレールが黄色というかオレンジ色なのに気が付きました。
老熊は昔バスガイドさんに岡山のガードレールがこの色になっている理由は
「山口の名産であるみかんをイメージしてという説と、雪が降っても見え易くする為の
説があります。」と聞いたらしいのですが、老熊は全く信じていないようです。

f:id:kuma-yome:20161008210155j:plain

佐方SAを出てしばらく行くとなんか物凄い街並みが見渡せました。
道路がめっちゃ凄いカーブになっていて、あそこを通ったら酔いそうだなと怖くなりました。

f:id:kuma-yome:20161008210455j:plain

見た事のない重機がいっぱい並んでいる会社と思われる場所を発見。
今回の高速使わない旅車中泊旅では重機屋さん?が多いみたいで見た事のない超大きい
重機が大量にある敷地を何度も見ました。

 岡山に入ってから「うどんが食べたい!うどんが好きなのに!牛丼のコストパフォーマンスは良くなかった」としつこく言った結果。
願いが叶ってセルフうどんを食べる事ができました。

f:id:kuma-yome:20161008201603j:plain

ぶっかけ好きなんですが今回kuma-yomeは季節限定あんかけうどんです。
疲れ過ぎて味覚が鈍くなっているのか、ここの味が薄いだけなのか分かりませんが超薄味好みのkuma-yomeが生まれて初めて醤油と生姜を足してしまいました。

f:id:kuma-yome:20161008203000j:plain

国道沿いにある畑では草を干していたので驚きました。
バイクミーティングの時はガードレールや歩道の柵の至る所で干してあったのを見たのですが実際に干している所を見たのは生まれて初めてです。
全部手作業でやってるなんて農家の人はとってもパワフルなんですね。

f:id:kuma-yome:20161008203047j:plain

うとうとしながら前を見ると「幸せになれる焼肉屋」の文字を発見。
岡山のお店って看板や名前にユーモアがあって今度はどんな看板に会えるのかと楽しみになって来ますね。

 自宅までノンストップで帰るつもりだった老熊ですが、元気な老熊とはうって変って
頭痛と足痛が酷くなり、窓ガラスに頭を付けて無言になって行くkuma-yomeです。
山口入りをする前から後頭部が痛かったのですが岡山入りをしてからは足痛も酷くなりサンダルをぬいで足を伸ばしたりシートの上に乗せたりして工夫するも、全く良くならず、17時頃に岡山のコンビニ駐車場で仮眠をとりました。
地元のコンビニ駐車場だと駐車時間に制限があるのですが、ここは大型車OKの駐車場
なので時間制限の看板は見当たらず目が覚めるまで寝させてもらいました。
起きてからトイレを借りて、Tカード限定割引で安くなってるコーラーを買ってすっきりです。

f:id:kuma-yome:20161008214308j:plain

 いつもは現れないゴリラが突然現れました。
うちの古いゴリラは普段どこかに行っていて矢印とかしか出て来ないんですが、今日は
張り切って歩いています。
何か設定があるのかも知れませんが老熊もkuma-yomeもやり方が分からないので突然現れたゴリラにちょっとびっくりしました。
車が止まっても直ぐには止まらず、発車しても中々歩かないゴリラは可愛いですねぇ。

f:id:kuma-yome:20161008215043j:plain

最後の休憩ポイントである別所SAに到着です。
ここって建物は結構綺麗になったんですがトイレだけは大昔のSAを思い出させる汚さが
不思議な魅力ですね。
ウォシュレットどころか洋式がぱっと見た感じ見当たらないですし何故トイレも改装しなかったのかとって不思議です。

今回の高速を使わない九州行き車中泊旅は6日の23時過ぎに自宅に到着して無事に終了
しました。
今回の教訓しんどい時は若干キレ気味に主張しましょう。大人しく主張するだけでは
運転する本人の都合で旅が進んでしまいます。

老熊ペースの車中泊はいつも体力的負担が半端ないんですが、今回は本当洒落になんなかったです。

何度もこうやってエコノミー症候群で死んで行くんやな。」と呟いて体がきつい事を
アピールしましたが、老熊は冷静に「それはエコノミークラス症候群やな。」
指摘されてしまいました。

そこ省略して言ったらあかんの?と少しムッとしましたが、それよりも前に体がキツイ
と話している相手に対する発言がそれ?!とダブルでびっくりしました。

老熊は今回もワイペースで見事に最後までやり切りました。
事故がなく帰れて良かったと思うkuma-yomeです。