読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野生クマに捕獲されました。

街っ子が野生クマに捕獲されて振り回されている日常です。

めっちゃ危ない飛び出し坊やの 小野市 (3月12日のツーリングの続き)

ヘルメット越しの景色 老熊通常運転です

春を感じながら1時間近く歩道わきの斜面で座っていました。
f:id:kuma-yome:20170312210220j:image

突然老熊が「電車撮りに行くぞ。」と言い出したので、この花を見ながら歩道わきの斜面に座っていました。

電車の間隔がとっても長くって二本撮りたかったのに、一番早い電車で30分後でした。


f:id:kuma-yome:20170312210230j:image

 ようやく来た電車は2回ともド派手な柄の電車。

あの花に似合いそうな地味な電車が来ると期待していたので少しがっかり。


f:id:kuma-yome:20170312210241j:image

街で見かけた飛び出し坊や。
篠山市とは違ってカナリ危険な感じです。前から来る車に対して警戒しているのかと思うようなポーズを取っているのにまさかの背中から事故?!

この飛び出し坊やってめちゃくちゃ歩くのが早いのか、梅田阪急前みたいな交通量の道路を横断しようとしているのかとても不思議です。

f:id:kuma-yome:20170312210255j:image

橋を渡っていると左側にそろばんを発見。

左側を気にしていたら橋を渡った所では右側に変わっていました。もう少し気がつくのが遅かったら撮り損ねる所でしたが、バッチリ撮れました。

小野市ってそろばんの産地で有名なのか、そろばんの得意な人が多い地域なのか分かりませんが珍しかったので頑張って撮りました。

 

良く動物だったり生き物だったりを飾っている地域はあるんですけど、まさかのそろばんだったので撮れて良かったです。次来る機会があるかどうか分かりませんし。

f:id:kuma-yome:20170312210301j:image

町を彩る可愛らしい絵。

元の絵は子供達が描いた絵だったりするんでしょうか?古くなると汚く寂しい雰囲気のするコンクリートの壁もこの絵があるととっても和みますね。明るい町って感じがして良いと思います。
f:id:kuma-yome:20170312210311j:image

レトロな交番。
景観を気にして素敵な和の建物と言えば京都だったんですが、兵庫県も中々素敵ですね。

途中、京都であるような素敵な和のローソンがありましたしこの交番も心和む感じがして良いです。

f:id:kuma-yome:20170312210328j:image

小野市立好古館?!

最初この看板を見た時、一瞬中国語かと思いました。最近ってどこに行っても中国語の看板ばっかりで日本人が困るやん?!って思うような場所バカッリだったので、読み方がわからない漢字だらけの看板を見ると中国語かと思ってしまう癖がつきました。

帰宅してからググってみたらおのしりつ こうこかんって読み方だと分かりました。小野陣屋跡に立っていて、平成18年に 県の景観形成重要建造物に指定されたそうです。

 

景観形成重要建造物って全く聞いた事がありませんが、市ではなく県が大事にしようとしている建物なんだな。と思いました。

 

小野市は初めて訪れた町ですが、景観に対する意識は京都に負けてないんじゃあないか?と思ったので来る機会があれば「下調べをしっかりしてから素敵な町並みを見て回りたいな。」と思いました。

 

めちゃめちゃド派手な電車と飛び出し坊やとそろばんに驚いた町でしたが、帰ってみると奥深い町だと分かったので、写真を撮りまくってて良かったな。と思いましたね。 

 

良かったらぽちっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村